上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンビームスネーク

サンビームが脱皮したあと、つい写真を撮ってしまう。
テカテカ感が際立つのだもの。
ニジボアなどの光沢とは違う、独特の光沢。
生息地であろう泥等の多い環境では太陽光の反射で身体がテカテカしてる方が外敵に見つかりにくいのだとか。光学迷彩的な。
サンビームがそれに当てはまるかは謎ですが、意味があってテカテカしてるのは間違いない。

世間で言うほど高温と乾燥には弱くない。餌付いて環境に慣れれば、適応能力は高めです。


あと夏のジャパンレプタイルズショーですが、今年も行きます。
初日の土曜日だけですが、お会いしたらよろしくお願いします。声でも掛けてくれると喜びます。
スポンサーサイト
サンビームスネーク
我が家のサンビームスネーク。ちょっとムッチリ感がアップしたような。
餌食い良好だし当り前といえば当たり前なのですが。
餌食いの良いサンビームは比較的飼いやすいと思うよ。安定すれば結構丈夫!安定すれば!!

相変わらずギラギラしております。脱皮後のサンビームは特に美しい。
語りきれないくらい魅力のあるヘビなのですが、あまり飼育人口は増えませんね。
好きな人がひっそり飼えば良いとは思うけど。
サンビームスネーク
サンビームスネーク。
脱皮前の白濁バージョン。
脱皮前だとかなりミルキーなヘビになります。これはこれで独特な雰囲気出てて綺麗よな。
あんまりサンビームは脱皮が上手くないので、加湿器ないと今の時期はちょっと厳しいかもしれない。

サンビームスネーク
脱皮前でミルキーでもテラテラしてる。
流石だね。普段とは違うテラテラ感。
なんか別のヘビみたいだよね。


東レプお疲れ様でした!結局顔は出しませんでしたが、なかなか良かったらしいですね。いろんな人から報告を聞くだけでも楽しいです。
サンビームスネーク
クロニセボアの飼育の話になると結局の所、「サンビームのが良いよ」って結論になる。
同じくタカチホヘビの飼育の話になると「サンビームのが良いよ」って結論になる。
凄いぞサンビーム!
でもクロニセボアとかタカチホヘビを飼いたい人って「クロニセボアだからこそ飼いたい!!」「タカチホだからこそ飼いたい」って人ばっかりだとは思うけど。

サンビームスネーク
なんか癖になる顔つきなんだよねぇ~
サンビームスネーク
数日前に書きましたがサンビームスネークが脱皮前状態でして。
本日、脱皮を確認しました。
テラテラのギラギラに目を奪われがちですが、ここまで紫色のヘビって少ないと思う。
人気はあるけど飼育者は多くないですよね。理由は…まぁ言わずもがな。

サンビームスネーク
ちなみに我が家のサンビームスネークはホッパーマウスを与えております。
ガブリと噛み付いてグルグル巻きにしたと思ったら速攻で飲み始めるので見てて面白い。
給餌はヘビ飼育の大きな醍醐味のひとつだよね!やっぱり!醍醐味いろいろあるけどさ!
 | Home |  Next Page »

プロフィール

ponnmega

Author:ponnmega
沢山のペットに囲まれて生活中。
生暖かい目で見守りください。
リンクはご自由にどうぞ。

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。