上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シロモンオオサシガメ
一時期、大繁殖をしていたシロモンオオサシガメ。最盛期は何匹いたか把握しきれてなかったし。
増えすぎて少し困っていたので人に譲ったり、ちょっと共食いさせて間引いたりしてたのですが、気付いたら個体数が少なくなりすぎて全滅しそうになってしまっておりました。
産んだ卵も以前は隔離して孵化させてたけど、放っといたりしてたしね。

シロモンオオサシガメ
これはマズイって事で、少子化対策を打ち出した所、早速卵を産みまくってたので一安心。
サシガメ…ちょろいなw
いやでも丈夫だし、よく増えるし良い昆虫ですよ。本当に。
今度、爆殖しだしたらちょっと調整しつつ飼育しないとね。

シロモンオオサシガメ
この尖った口で獲物に消化液を流しこむのです。怖い怖い。
まだ近所で採取とかしてもヨコヅナサシガメ見たこと無いなぁ。埼玉でもチョロチョロ見つかってるみたいだね。
本当に居るのかなぁ?
意外と自分の目で見ないと信用出来ない質だったりします。奴ら群れるから一箇所見つけたら大漁だろうけどね。


虫と言えば今週末のブラックアウト東京には顔だそうと思っております。
浜松町で僕と握手!
スポンサーサイト
すっかりアダルトに育ったシロモンオオサシガメ。
大人の階段のぼりきって卵をバンバン産んでいる。
何個産んでいるのか把握できないくらい産んでいる。

サシガメ達


今は回収して別の入れ物で管理しているけどそろそろ面倒くさいからケージ内で勝手に孵化させる形式にしようかな。
最初に回収した卵は無事に孵化してるので、これからどんどん増殖するんだろうなぁ~

ローチを捕獲したサシガメ
ちゅーちゅー吸っております。

ちなみに彼らはコオロギよりゴキブリ類のが反応が良い。
何故だかは知らない。
サシガメ達は順調に成長中。
かなりの数が孵化したので少し間引きをして現在11匹を飼育中。

IMAG0260.jpg

デュビアを集団で吸食中。
床材もジメジメさせてると何となく臭いので使い道なく余っていたカルシウムサンドに切り替えました。
割りとカラカラした環境に変わりましたが給水用にスポンジ入れてるので特に問題無さそう。


IMAG0376.jpg

餌入れて数時間もするとカラッカラに体液を吸われたデュビアが転がってる。そしてサシガメ達のお腹は破裂しそうなくらいパンパンに。
吸食恐ろしい…w
実はトウレプの時にサシガメの卵を譲ってもらいまして、順調に育っていたのですがブログに書くことも無く2ヶ月が過ぎたのでそろそろ記事にしたいと思いますw

IMGP4870.jpg

貰った時は卵でしたが、なかなか大きくなってきました。
英名で「Assassin Bug」の名の通り、虫を積極的に襲ってチューチュー体液すすっております。
ちょっと大きなデュビアとか入れても写真の様に集団で襲い掛かって捕食しちゃうし。
この獰猛さが本種の魅力。

刺されるとかなり痛いらしいのでそれだけ気をつけないとね。下手なハチより痛いって聞きますし。

基本的に定期的にゴキブリ放り込んで、定期的に霧吹いてるだけなので飼育は非常に楽であります。
大人になると乾燥にも強くなるってんだから屈強すぎます。
まだ特徴的なシロモン模様が出てきた個体は居ませんが次にこいつの記事書いた時には居るんだろうな…成長早いしw
乞うご期待!
 | Home | 

プロフィール

ponnmega

Author:ponnmega
沢山のペットに囲まれて生活中。
生暖かい目で見守りください。
リンクはご自由にどうぞ。

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。