上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビブロンボア
今日のビブロンボアは真っ黒に近い。
これはこれで渋いと思う。

珍しくツリー系っぽいポージングをしていました。
樹上性強めだけど、止まり木とか無くても問題なく飼えてしまう気がする。
しかし最近、太さばっかりで長さが伸びてないような…
決して小さいサイズではないけども、もっと大きくなったら迫力あるんだろうけどなぁ。
スポンサーサイト
ビブロンボア
ビブロンボアが脱皮しておりました。
綺麗な黄色です。
やはりこの種の体色変化っぷりには目を見張る物があります。
ビブロンボアのケージには蛍光灯を設置しているのですが、照明の有無や床材の色味なんかでも体色が代わります。
体色というか、くすみ方が変わるって言い方のが正しいような気もする。




ビブロンボア
ビブロンボアってアヒル口だよね。アヒル口というかオーバーショットというか。

(`ω´)←こんな顔してない?

ちょっと愛嬌のある独特な顔付きも魅力の1つだよなぁ〜



久々に登場。
ビブロンボア(Candoia bibroni)
1年以上こいつの写真を撮っていませんでした。
どうしても記事にする生体は偏る。こればっかりは仕方ないね。





飼育は順調そのものでリアタイアマウスを食べております。
現在は約140cm。
餌のあげすぎなのか胴回りがムチムチしてます。
こんなものなのかな?
正常なビブロンボアの体型が良くわからないので何とも言えない。
しかし以前より止まり木で休む事が少なくなったな。ペットシーツの上でくつろいでる事が多い。
野生の生活を忘れてしまったのだろうか。
樹上性のヘビが木に登らないのは多少、寂しくもあります。




まぁ多少、太ってても平気でしょう!あまり気にしないのが一番!





ここ最近、またちょこちょこ入荷してるので、オスを手に入れてペアにしてみようかなとか思ってみたりみなかったり。
良い個体がいればだけど。

ビブロンボア
黄色い発色がバッチリなビブロンボア様。
雌なのでそのうち雄も欲しいな。けど、イエローの雄ってなかなかねぇ。
というかビブロンの体色って遺伝的にどうなのだろう。全然検討つかないや。

ビブロンボア
ちょっとパワーフーディングが過ぎたのか太り気味だったので、最近ちょっとダイエットしていました。
野生ではコウモリとか食ってるらしいですし、代謝も早いので消化能力は高いみたいなのですが、やっぱりボアはボアなんですね。今後はちょっと体型見ながら給餌したいと思います。あとはウズラとか有効活用してね。
ビブロンボア
ビブロンボア。
こんな見た目だど本当に穏やかで大人しいヘビです。
最近はアダルトマウスのLを食ってるので結構ムチムチしてる。どこまで大きくなるかなー

ビブロンボア
ビブロンボアのココが可愛いよ
①口が可愛い。シャープだけど愛嬌があるし。
②目が可愛い。この三白眼にキュンとくる。

ビブロンボア
③尻尾。巻き付く為にクルンってなる。

可愛いポイント以外にもカッコイイポイントとか沢山あるんだけど、とりあえず可愛いポイントBEST3でした。
 | Home |  Next Page »

プロフィール

ponnmega

Author:ponnmega
沢山のペットに囲まれて生活中。
生暖かい目で見守りください。
リンクはご自由にどうぞ。

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。