上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キングスネーク
パワーフーディング気味です。そして底なしの食欲。
どんどんピンクマウスを飲み込むし、どんどん大きくなる。
久々にベビーのヘビを飼育してるから育てるのって楽しいね。

もう人をみると餌くれると思ってアピールしてきます。
そんなところも可愛いのです。
スポンサーサイト
ビブロンボア
今日のビブロンボアは真っ黒に近い。
これはこれで渋いと思う。

珍しくツリー系っぽいポージングをしていました。
樹上性強めだけど、止まり木とか無くても問題なく飼えてしまう気がする。
しかし最近、太さばっかりで長さが伸びてないような…
決して小さいサイズではないけども、もっと大きくなったら迫力あるんだろうけどなぁ。
キングスネーク

あけましておめでとうございます。遅くなりましたが本年もよろしくお願いします。

実は一か月ほど前、ちょうど年末に、このヘビを購入しておりました。
なぜこのタイミングでキングスネークなのかは自分でも分かりませんが、改めてキングスネークって良いヘビですよね。
僕が初めて飼った外国産のヘビはキングスネークでした。いわゆるカリキンのデザートバンデッド。
高校生の時にアルバイトしたお金で買った思い出。
その個体以来、キングスネークには手を出していなかったので本当に久しぶりのキングスネークなのです。

バカっぽくて、食欲の塊みたいな所、飼ってて楽しいヘビですよね。
そんなこんなで久々のキングスネーク。大きくなるのが楽しみです。
オオミズヘビ
東レプお疲れ様でした。
自分は土曜日の午前中に入場して、1時間程度会場をウロウロして帰ってきました。
凄まじい熱気。そして人の多さでしたね。業界の活気が高いのは良いことではあります。やっぱりイベントはワクワクします。
そんなこんなでヘビ連れて帰ってきました。
オオミズヘビ(Enhydris bocourti


オオミズヘビ」
顔面凶器。
独特の顔をしています。


オオミズヘビ
実はミズヘビの飼育は初だったりします。半水生のヘビは飼ったことあるんですけどね。
オオミズヘビの名の通り、かなり大きくなるらしい。この太さで1m超えるんだからボリューム感は凄いよね。
太短い体系と、黄色と黒の警戒色は鑑賞性が高いと思うのです。
ちょっと飼育の難しい面もあると聞きますが、手探りながら飼育挑戦です。アドバイスあれば教えてください。
エメラルドツリーボア
エメラルドツリーボアのオス個体。

エメラルドツリーボア
エメラルドツリーボアのメス個体。

メスのが緑が深い。
そして顔がゴツゴツしている。色が濃いからコントラスでそう見えるだけかも。
同じ種類でも顔つきは違うものです。

去年の冬にクーリングをして。今年の春先に雄雌同居させてみたのですが、全く進展はなし。
何がいけなかったのだろうか。そうゆう気分じゃなかったのだろうか。

同居させたケージが狭かったような気もします。
それと、もっと温度の高低差とかつけたほうが良いのかもしれない。何事もチャレンジですね。


飼育自体は順調そのもの。
今年もチャレンジしたいと思っているので来年に期待です。
 | Home |  Next Page »

プロフィール

ponnmega

Author:ponnmega
沢山のペットに囲まれて生活中。
生暖かい目で見守りください。
リンクはご自由にどうぞ。

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。