上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オビタイガーサラマンダー

オビタイガーサラマンダーが水苔から顔を出していた。
この状態で餌を差し出せばいくらでも飲み込む。
最近ケージを変えてフラットプラケからグラステラリウムに移動しました。
せっかく広いケージに移動したのに潜ってばかりなので贅沢な気もしますが、まあ調子は良さそう。 
水苔飼育が一番いきいきしているなー。
でも動かなくても良いんです、そこにいるだけで。ポケーっとしてるのが、この種の魅力ですから。
スポンサーサイト
オビタイガーサラマンダー
先日、水苔を新しいものに全替えしたら、露骨に潜ってる時間が増えた。
やっぱり綺麗な水苔だと潜り心地も違うのでしょうね。なんとなく活き活きしてるもの。
シェルターには目もくれずに水苔の中で生活してます。
見てる方としては、どこに潜んでるか分からないから微妙だけども。
活ゴケ使ったテラリウムとかレイアウト水槽で飼うのが理想だけど、理想は理想でしかないのさ…
背伸びして無理してレイアウトに拘って生体の体調崩したら元も子もないしね。
でもいつかやりたいとは思ってるんだよ。ほんとう。いつかね。
オビタイガーサラマンダー
手乗りサラマンダー。冷え性だからできる所業。
両生類は素手で触ると火傷するって言うけど、どうなんだろうねぇ。実際に炎症起こしたことないから、ちょっぴり懐疑的なんだよね。
どんどん大きくなれよー!冬はサラマンダーの季節だ!
でも両生類って食べさせすぎると良くないって言うしなぁ。
今までカエルとかも殺してしまっているので両生類には少し苦手意識があるんだよね。
このオビタイガーは立派に育て上げてみたいと思うよ。

オビタイガーサラマンダー
手の上で目つぶっちゃうんですか。うーん、キュート。
オビタイガーサラマンダー
オビタイガーサラマンダーは約16㎝でした。目指せ30㎝!
そんなに餌を与えている訳じゃないんですが、お腹ムッチムチ。
デブタイガーですな。
もうちょっと餌の頻度をあげても良さそうだなぁ。これ撮影中にも関わらず指に食いついてきたからね。
しかし黄色があがってきたし、まじまじ見ると黄色の面積広いし綺麗だな。さっきはデブって言ってごめんね。
レッサーサイレン
久々の登場。レッサーサイレン。もう家に来て4年?5年?
野生下での寿命とかってあんまり詳しく知らないけど、何年くらいなのだろうか。アカハライモリとかはかなり長生きするけどレッサーサイレンも結構長生きしそうだよね。なんとなく。

レッサーサイレン
相変わらずの癒やし顔です。
いやぁ、有尾類はいいねぇ。
 | Home |  Next Page »

プロフィール

ponnmega

Author:ponnmega
沢山のペットに囲まれて生活中。
生暖かい目で見守りください。
リンクはご自由にどうぞ。

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。