上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エメラルドツリーボア
エメラルドツリーボアのオス個体。

エメラルドツリーボア
エメラルドツリーボアのメス個体。

メスのが緑が深い。
そして顔がゴツゴツしている。色が濃いからコントラスでそう見えるだけかも。
同じ種類でも顔つきは違うものです。

去年の冬にクーリングをして。今年の春先に雄雌同居させてみたのですが、全く進展はなし。
何がいけなかったのだろうか。そうゆう気分じゃなかったのだろうか。

同居させたケージが狭かったような気もします。
それと、もっと温度の高低差とかつけたほうが良いのかもしれない。何事もチャレンジですね。


飼育自体は順調そのもの。
今年もチャレンジしたいと思っているので来年に期待です。
スポンサーサイト
エメラルドツリーボア
最近、冷凍餌も食べるようになったエメラルドツリーボア。
ペア揃って飼育に関しては全く問題のない優秀児です。


エメラルドツリーボア
エメツリのトグロの巻き方は様になりますよねぇ。


エメラルドツリーボア
はぁ…イケメン。グリーンパイソンより精悍な顔つきに感じます。
スッキリしてるっていうのかな?良い顔ですよね。
しかもこいつら、あんまり動かないから写真も撮りやすいんですよね。

現在クーリング中。来春はペアで同居させて繁殖まで持っていけるといいなぁ。
エメラルドツリーボア
エメラルドツリーボアが無事に2匹とも餌付いてくれました。
活エサですけどね。とりあえず食ってくれるだけで十分かな。
ちなみに冷凍餌はマウス・ウズラ・ヒヨコどれも駄目でした。
食えば何とか成るので冷凍餌に切り替えるにしても気長にやっていきます。
給餌間隔を長めにとったほうが調子が良いとの噂なので活エサで育て続けても良いかなーとは思っていたり。
もうちょい飼育に安定したらペアで同居させてみようかな。

»Read more...

エメラルドツリーボア
やっぱりエメラルドツリーボアといえばこの態勢ですよね。グリーンパイソンにも言えますが。
とりあえずつっかえ棒2本を組み合わせた物でなんとかなってる。補強してるので、今大丈夫なら崩壊することもないでしょう。

エメラルドツリーボア
斜めからのアングルも格好良い。
個人的に樹状性のボア・パイソンの中ではビブロンボアが一番好みだったんですが、やっぱり飼うとエメツリも良いですね。雰囲気が大物だもの。

餌を与えてみましたが、やはり食べなかったですね。しょうがない!
餌食いに癖のある個体が多いと言われていますがムチヘビとかカサントウとか、あの手のヘビに比べたら楽だろうと楽監視してます。
でも我が家には、家に来てから1回も自分で餌を食わない猛者もいるので食べないヘビは慣れっこだったりします。
既に活餌の準備もしたので色々試してみます。
エメラルドツリーボア
エメラルドツリーボアのペア。
ちょっと前に家に迎えてしまいました。
まさかエメツリに手を出すとは。10年前の自分に教えてあげたい。
アマゾンベースンで入ってきた個体らしいですが、2匹ともアマゾンベースンらしさが殆どないので産地に関しては触れないでおきます。

エメラルドツリーボア
オスの個体。

エメラルドツリーボア
メスの個体。

カッコいい。やはり頭の大きさが目立つ。グリーンパイとは顔付きも違いますね。
エメツリは飼育にはコツが必要だとよく言われますし、この子達も一筋縄ではいかないと伺っているので試行錯誤したりして早く安定させちゃいたいと思います。
まだ給餌してないですが、まずマウスは食わないだろうなぁ…
 | Home | 

プロフィール

ponnmega

Author:ponnmega
沢山のペットに囲まれて生活中。
生暖かい目で見守りください。
リンクはご自由にどうぞ。

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。