上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テグー用に来月1200×600の木製ケージを作ることになりました。
今から設計図作らないと!来年はレッドテグーが欲しいので2匹同居したいなぁなんて思っております。
ちなみにテグーケージは飼育部屋ではなくリビングに置く予定。ソファの横に堂々と構えたいと思います。

IMGP5258.jpg
以前作った900×600の自作ケージ。
ここの住人はサバンナモニター。

IMGP5259.jpg
お風呂タイムだったみたいです。

IMGP5262.jpg
いや、餌じゃないよw

IMGP5268.jpg
脱皮の途中なので所々皮が残っているのですが色合いも結構綺麗ですよね(親ばか)
産地によって色とかサイズとかかなり差があると聞きますが、あまり詳しくないので詳しい人居たら教えてくれると嬉しいかもしれませんw

基本的に餌はウズラ。たまにマウス。サバンナモニターは肥満になりやすいらしいですからね。爬虫類は管理が楽な種類が比較的多いですが、少ない世話である給餌が直に成長や健康に影響あるので飼育者の腕の見せ所というか裁量の一番大きな部分ですよね。
ヘビに関してもマウスを週何回何匹だとか大きさだとか人によって考え方が違いますし。

IMGP5269.jpg

人馴れした本当に良い子です。テグーもこのくらいベタ慣れになってくれると良いなぁ~
先日噛まれたのでちょっと将来心配ですw餌食いは良いし基本的には大人しいので大丈夫だとは思うのですが…
スポンサーサイト
毎日ヘビの世話をしていると触る機会というのも必然的に多くなりますが、ヘビの触り心地はヘビによって全然違います。
やっぱり触り心地が良いのはパイソン類でしょうかね?
スベスベでモッチリした感触の子が多いですしボリュームあるので触ってて楽しいです。


マクロットはモッチリしてるかも。


逆に鱗が大きく発達してるとサラサラしてたりザラザラしてたりして、それはそれで変わった触り心地。


言わずもがなサンビームはスベスベです。



ガータースネークはザラザラしています。ザラザラしてて掴みどころがないから抑えるのがちょっと難しい。
水辺に住むヘビなので鱗が発達したんでしょうね。



モンペリエはサラサラしてる。
モンペリエは本当にキールが目立ちますね。乾燥地帯で他の生き物を追い掛けて食べるからでしょうか。
これはこれで触り心地良いんですよw



こいつは2匹いるモンペリエのうちの大きい個体ですが良いサイズになってきました。
何より太さが出てきた。



もっともっとサイズアップ目指して餌食べろよー

小さい個体も餌食いは良いのですが、暴れるから写真撮りにくいんですよね…w
IMAG0390.jpg


最近またシリケンイモリのレイアウトを変更しました。
色々と試しているのですが、どうもシックリこない。
本当はオールガラス水槽でテラリウムとかしたいんですけどねw

まぁシリケンイモリ自身はどんなレイアウトでもしっかり餌食ってくれるので問題はないのですが。
最近は普通に人工飼料もピンセットから食べてくれます。ひかりクレストキャットやレプトミンなど選り好みせずに食べてくれるから飼い主としては非常に助かる。
夏場の暑さにも負けずに頑張ってくれてます。

もっとシンプルにウールマットとかヘゴ板飼育とかのが見栄えも良いかなぁ…?
暗中模索というよりも迷走気味のシリケンイモリのレイアウトでした。
IMGP5200.jpg

マダガスカルジャイアントホッグノーズが脱皮してピッカピカになってた。
もともとCBなので文字通りピッカピカ。結構こいつってWCで入荷してもボロボロだったりするんですよね。

ホッグノーズとは言いますがシシバナとは属も違う全く別種。
マダガスカルのホッグノーズと言えば他にもシモフリとムジなんかが居ますが、個人的にはコイツが一番派手で一番ボリュームあって好みだったりします。
シモフリ1匹くらい居ても良いなぁとかも思いますがw
いやほらマダガスカルのブタバナヘビ3種揃えるのはマニアの憧れですよね?
サシガメ達は順調に成長中。
かなりの数が孵化したので少し間引きをして現在11匹を飼育中。

IMAG0260.jpg

デュビアを集団で吸食中。
床材もジメジメさせてると何となく臭いので使い道なく余っていたカルシウムサンドに切り替えました。
割りとカラカラした環境に変わりましたが給水用にスポンジ入れてるので特に問題無さそう。


IMAG0376.jpg

餌入れて数時間もするとカラッカラに体液を吸われたデュビアが転がってる。そしてサシガメ達のお腹は破裂しそうなくらいパンパンに。
吸食恐ろしい…w
同じ種のノーマルでも個体差って凄いです。

メス個体
IMGP5022.jpg

オス個体
IMGP5029.jpg

一応2匹ともアルビノヘテロ。
正確にはアルビノヘテロとピンクパステルアルビノヘテロなんですけどね。
ペアで揃っていますが遺伝的に互換がないので生まれてくる子はノーマルのみw
けど同じノーマル個体でも、ここまで差があるから生き物って面白い!
どっちも綺麗に育ちそうな将来有望株。
一概に同じ種で一括りにするのも勿体無いよなって最近思います。やっぱりしっかり自分の目で見極めるって大事ですよね。
自分好みの子を探すのも大事な楽しみの1つですし!
この前生まれたディアデマベビー。
ファーストシェッド後も餌食わなかったのですが、昨日の夜中に無事に餌食いを確認。



しっかりマウスに餌付きました。
これでもう怖いものはない!
餌あげて大きくするだけです♪
ただもう少し人馴れしないかな…折角のCBなんだから…(笑)
チリアンコモン。ローズヘアータランチュラとも。
IMGP5106.jpg

ショップなどでも見かける機会は多いですね。
家には2匹居ますが個体差あります。


IMGP5120.jpg


IMGP5121.jpg

とっても綺麗なクモです。

今更自分がコイツを語る必要はないと思いますw非常に大人しくて丈夫です。
この大人しさを少しウサンバラに分けて欲しい。

IMGP5103.jpg

クモ・サソリ・ムカデ類の管理って基本的には餌やりと霧吹きだけだしね。

ちなみに現在、自分は基本的にゴキブリ以外の奇蟲類は共通で底材はヤシガラを使っています。
腐葉土とかも使いましたが、個人的にヤシガラが一番管理が楽なので。
ある程度の保水性があれば何使っても大丈夫です。自分が使いやすいものが一番です。

ただ今の時期、給水さぼるとあっという間にカラカラになるから油断できません。
ブラッドパイソンが家に来て一ヶ月が過ぎました。
実は週一回体重を計り写真を撮っていたので放出しようかと。
20130706.jpg
7月6日。来た日の夜。

20130720.jpg
7月20日。107g。

20130727.jpg
7月27日。123g。

20130804.jpg
8月4日。151g。

20130810.jpg
8月10。198g。

20130810(1).jpg
8月10日。一枚目の写真との比較用。


なんと体重は倍になりました。来た日に体重測定していなかったのでスタート時の体重は不明ですが確実に倍以上の成長を見せてくれてます。
ちなみに1回も糞してません。ためてためてためまくってます。
そりゃ食ったもん溜め込んでれば倍にはなるよねwでも溜めるだけじゃなく明らかにサイズアップしてるから凄い。

先日、水苔の掃除してたら飛んできて軽い危機感を覚えたのでハンドリングをまめにする事をここに誓いますw
ベビーのうちは噛まれても屁でもないけどアダルトになってビュンビュン飛んでこられたらちょっと困りますからねw
また一ヶ月後に同じ形式で更新しようと思います。
しかしベビーでもブラッドはブラッド。カッコイイですね。
今は可愛いのが勝ってますけどね。
IMGP5131.jpg

リボンヘビは本当に水入れから出てきません。いつ見ても水入れの中。
ガータースネークよりも水の依存度が高いのかな。
サイズ的にも野生では水辺で変温動物ばっかり食べてるんじゃないかと。

IMGP5126.jpg

現在、飼育下では基本的にピンクマウスを置き餌で与えてます。大抵は気付いたら無くなってます。
そしてお腹パンパンにして水入れの中にいる。
まぁ糞も基本的に水入れの中でするので掃除とかは楽チンなんですけどね。

IMGP5130.jpg
色合いなんかは繊細で美しいヘビです。
前々から探していたバルバータスカメレオンモドキのオスをJRSにてゲットしました!
まだ本当に小さいベビー。多分ハッチして1ヶ月経ってないんじゃないかと。
IMGP5040.jpg
人差し指より小さい。
fc2_2013-08-06_10-59-07-569.jpg

餌食いに関しては先住のメスより良いです。食欲旺盛でピンセットからゴキブリふんだくって食べてます。
カメレオンモドキって結構成長早いんですよ。日に日に成長してるのが分かるというか。
2年後は繁殖狙って頑張るぞ。飼育自体は特に難しい印象はないです。カメレオンというよりクレスみたいな飼い方をしています。

IMGP5055.jpg

IMGP5050.jpg

上の二枚の写真は前から居るメスですが本当に良い成長を見せてくれてます。
色も最高でしょ(*´ω`*)
なんと日光浴させると一瞬で色変わりますw

IMGP5065.jpg

普段はこんな感じで木の枝に張り付いてたり天井にへばりついてたりしてます。ヤモリと違って壁を登れるわけじゃないのでレイアウト使って意外な面白行動してくれるのも魅力です。

IMGP5047.jpg

大抵の場合は定位置に居るんですけどねww
もう少し2匹が大きくなったらグラステラでレイアウトがっつり組んで飼育する予定です。楽しみー!
新入り紹介 2013.08.09 テグー

 

前回の記事でも書いたテグーを改めて紹介したいと思います♪
IMGP5132.jpg
コロンビアブラックアンドホワイトテグーです。キタテグーの一種ですね。デグーじゃないよ。

一般的に
「コロンビアB&W」がキタテグーのB&W
「アルゼンチンB&W」がミナミテグーのB&W
パラグアイ産とか別産地も居るみたいですがww

結構わかりにくいですよねw
とりあえず分類の話は割愛しましょう。

ちなみに名前はクロムになりました。まだ雌雄判別してないのでクンなのかチャンなのかは分かりませんけどw

IMGP5010.jpg

家に来てから、ジクラのゼリー。デュビア。レッドローチ。ウズラの卵。フトアゴフード。クレスフード。バナナなんかは食べてます。見て分かるように既に食い過ぎて腹がでっぷりw
ベビーのうちはドンドン食べて大きくなって貰いたいものです。
近々マウスなんかも与えてみようかと。とりあえずは昆虫食メインでその他を副食にって感じでしょうか。
何かを単食させるのではなく色々与えて栄養バランスよく育てたいですしね
。これはどんな爬虫類にも言えますが。
しかし本当に卵が大好物なんですねw目の色変えて食べてましたww

IMAG0201.jpg

IMAG0199.jpg


現在30cmで38gです。
キタテグーはミナミテグーに比べると最終的なサイズは小さいらしいですが、それでもサバモニなんかよりは大きく育つみたいなので本当に楽しみ。
何kgまで大きくなるのやら…とりあえず目指せ1m超。

IMGP5006.jpg
大人しくハンドリングされてるから、このまま育ってくれよー!
本当、大きくて荒いとか扱いに困るのでベタ慣れさせないとw同じキタテグーでもゴールデンテグーとは違って慣れるとは言われているので大丈夫だとは思うのですが個体差ありますからね。
餌食いも良いし多分、あっという間に大きくなるからw

ちなみに来年はレッドかB&Wを購入予定だったりします。来年2月にあるらしいJRSで狙ってるので、それまでにこの子がどの程度育つか楽しみです。
JRS2013 2013.08.06 イベント

 

8月4日(日)のみですがJRSに参加してきました。

去年は行けずに悔しい思いをしたJRS。今年は無事に行くことができたので良かった(´`*)
とりあえず会場風景。



2階からのいつもの風景。




反対側からの風景。




爬虫類横丁も大変賑わっておりました。




今回の目玉であるアルビノアリゲーター!
あんまりちゃんと見なかったけど、大きな生き物のアルビノって独特な迫力というか、雰囲気ありますね。


2日目のみの参加でしたが、結構掘り出し物的な生体はかなり残ってた印象。その辺は語りだしてたら長いので割愛w

全体としての感想はフトアゴやクレスなんかは安くなったなぁと思いました。フトアゴは結構綺麗なレザーバックやハイポなんかも手頃な価格で販売されていたので好みの個体を探したりしたら探し甲斐あって楽しいでしょうね。

とりあえず自分は目当てのバルバータスカメレオンモドキのオスを探して会場をウロウロ。

色々と情報を頂いていたので居るらしいブースを中心に周りまして無事にオスのベビーを確保。
しっかり値下げもしてもらって手頃な価格で入手できました。



まだまだ小さなベビーですが、今朝ピンセットから餌を与えたら飛び付いて食べてたので安心です。



これでカメレオンモドキはペアを無事に揃えることができました。あとは大きく育て上げるだけです♪
繁殖目指して頑張るぞー!

そしてもう一匹連れて帰ってきました。
コロンビアブラックアンドホワイトテグー。



いわゆるキタテグーの一種。南米原産の大きなるトカゲ。

カメレオンモドキと同じブースに居まして一緒に購入してしまいましたw
とりあえず今の所は持ってしまえば大人しい。このままベタ慣れ目指します。



アルゼンチンB&Wとの違いはアルゼンチンより若干小型だがアルゼンチンよりも荒い個体が多いらしい。そしてアルゼンチンほど白抜けもしないとのこと。とりあえず分類とかもテグーはなんか混沌としてるし飼い方次第だったり個体差の幅も結構大きいみたいなので、あまり気にせず飼いたいと思いますw

そんなこんなでJRSも無事に楽しく終えることができました!
連れて帰ってきた子たちは落ち着いたら改めて記事に起こしたいと思います。
お会いした方、出来なかった方、皆さんお疲れ様でしたー!

次のイベントは月末の埼玉ブラックアウトです♪若干資金面で雲行きが怪しいw


タンザニアイエローレッグがまた大きくなりました。
去年の秋に本当に小さいベビーから、レッドローチの生まれたてのサイズをせっせと集めて育てた甲斐があるものです。

普段ムカデは潜ってるから殆どレッドローチの飼育みたいなものでしたがw

http://ponnmega.blog.fc2.com/blog-category-10.html

買った時の記事はここから。本当に小さくてカメラのピント合わせが本当に大変でまともな写真が残っていませんが写真もあげときます。

約9ヶ月前の写真

最近は結構堂々とプラケ内を闊歩してたりするので飼ってる実感が湧きますw
成長速度は遅めなのかな?もっと餌あげても良いのかもしれない。
その辺も試行錯誤するのが飼育の醍醐味でもありますけどね。

ちなみに今年はムカデを何匹か新たに増やす予定だったりします。
何を迎えるかは未定ですが、ある程度の目星はつけてるのでお楽しみをw



ちなみに今日、明日とJRSが開催されている訳ですが今年は日曜日のみ参加します。前回の記事で参加しないって言いましたが前言撤回ですw色々あって行けることになりました!
会場で見掛けたら気軽に声でもかけてください♪
明日がとっても楽しみです。
 | Home | 

プロフィール

ponnmega

Author:ponnmega
沢山のペットに囲まれて生活中。
生暖かい目で見守りください。
リンクはご自由にどうぞ。

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。