上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライノラットスネーク
ライノラットはよく水に浸かる。
水への依存度ってのはヘビによって違う。
水に浸かってばっかりのヘビも居れば水に浸かっているのを見たことをないヘビもいる。
実際にリボンヘビは水に浸かってばっかりだし、カンムリヘビは水に浸かってるのを見たこと無い。
ミズヘビみたいのはちょっと例外としてね。
とにかくライノはよく水に浸かる。
ライノって結構、魚食の傾向強いみたいだし、その辺も関係しているんだろうか。
うちはもっぱらマウスですけど。
わざわざ魚あげる必要もないしねー

ライノラットスネーク

あれ?なんか怒ってる…?
ちょっと怒りっぽくて少しお馬鹿な所がたまに傷。そこが可愛くもあるのですが。
欠点は魅力になりえるって事ですね。
スポンサーサイト
IMGP7530.jpg

和名のオオブタハナスベヘビって言いにくいですよね。
シモフリブタハナスベヘビってのも言いにくいけどさ。
模様も色合いも顔つきも大きさもどれをとっても好きなヘビ。

IMGP7564.jpg
最近、一気に大きくなっている気がします。残飯処理ばっかりさせてるからかな。
餌食いが悪いってことはまずないからね。
IMAG5142.jpg
飼い始めた時の写真が残ってた。1年半前の写真。
良い成長スピードだ。

IMGP7553.jpg

後牙類なんだけど噛まれると結構痛いらしい。そりゃこのサイズは毒があろうがなかろうが噛まれれば痛いだろう。
アタックされたこと無いし噛まれたこともないけど。

今日は餌の日だったのでテグーにも餌をあげました。

ホント食欲魔神。モリモリ食う。モリモリ寝る。モリモリ出す。


餌食ってる時の顔は満足感滲み出てるし、若干ドヤ顔が入ってる。
ちなみに今日は写真の設定を変えて写真を撮ってみました。
そろそろカメラも買い換えたいです。
僕のカメラ、メーカー保証が切れちゃいまして…
ブログ以外でカメラ使わないので、そんなに高価なカメラじゃなくて良いんですけどね。
まだまだ使えるし当分先にはなりそうだけど。



餌の後は決まって爆睡。
寝顔は天使の如く愛らしい。テグーは愛嬌たっぷりなトカゲ。
チンチラシルバー
よく寝ます。
子猫の成長って速いですねぇ(.・ω・.)
猫だけじゃなくて、何でも子どもの成長って速いけどさ。
日に日に大きくなってるのが分かります。
このキリッとして大きな目と顔つきに惚れてしまった訳です。
最近はもう家にすっかり慣れてやりたい放題というか好き放題というか…
可愛いから良いんだけどさぁ!

ポリプテルス。
水物ってやっぱり癒されます。
上部式フィルターの排水音がないと逆に落ち着かなくなる。

 

大きいセネガルス。セネガルス大好き。
ガッツリ飼い込まれたセネガルス程、かっこいいポリプテルスはいませんよ。



パルマス。デブマス。
この前、某八潮の熱帯魚店にいた特大パルマスには惚れ惚れしたね。
小型種を大きくするって難しいならね…小型種の大型個体って惹かれるもんです。
ブラッドパイソン (1)

昨日バートンも脱皮していましたが実はブラッドパイソンも脱皮をしていた。
その後にディアデマのメスも脱皮したし、マクロットも脱皮してた。
脱皮後のヘビって大好き。
ブラッドの正面顔の撮影って、やっぱなんかこうちょっと緊張するものがある。
そうそうアタックされないけどね。

ブラッドパイソン (2)

この写真だとあんまり大きさが伝わらないんだけど、かなり大きくなりました。
確か去年の6月産まれだった気がする。まだ1歳未満なんだね、麒麟さん…
この調子でどんどん太くなってください。
バートンヒレアシトカゲ (1)
バートンが久々に脱皮してた。
ん-脱皮の気配なかったんだけどな。

バートンヒレアシトカゲ (2)

しかし抜け殻までもヘビそのもの…
とことん変な生き物だと思います。
ちなみに抜け殻にも、ちゃんと鰭脚があるんだよ。
バートン脱皮不全にさせたことないけど、なったらやっぱり温浴なのかな?
フタヅメスナチモグリ温浴させたら死んだってエピソードが頭をよぎる。

バートンヒレアシトカゲ (3)

まぁ生息地域的に水切れや乾燥には強いらしく脱皮不全の気配すらないけどね。
飼育してての感想だけど。乾燥だけに…

大変失礼しました。
サンビームスネーク

相変わらずギラギラしております。こんな見た目なのに性格はシャイなんだよね。
餌の時は結構見境ない気もするけど。

サンビームスネーク

サンビームヘビってムカシヘビ上科。ナミヘビ上科じゃない。
飼育してる感覚的にはナミヘビのそれなんだけどね。
ちなみに触った感触はどのヘビより柔らかい。
こんな見た目だけど柔らかい。これは触った人にしか伝わらないと思う。
こりゃ皮膚病になりやすって言われても、しょうがないよなーって感じ。

サンビームスネーク
頭は平べったくて土に潜りやすいよう滑らか。
うちは土入れてないからペットシーツに潜ってるけど。
お世辞にも丈夫で飼いやすいヘビではないけど、それを補う魅力を持ったヘビです。
サバンナモニター (4)
今日は土曜日。ゆっくり寝るつもりがいつもの変わらない時間に目が覚めてしまいました。
朝からのんびりコーヒー飲んだり、部屋の掃除したり洗濯したり爬虫類のメンテナンスしたり色々できたから結果オーライ!
これはこれで良い休日なんじゃないなかと。

色々やった中でサバンナモニターの爪切りもしました。
だいぶ伸びてて服に引っかかったり、腕に引っかき傷が残るので定期的に切っています。
うちのサバンナモニター大人しいし素直に切られてくれるので。

サバンナモニター (3)

大人しいけど写真のポージングは毎回なかなか良い。カメラ向けると寄ってきてアップの写真ばかりになるのはご愛嬌。

サバンナモニター (2)

しっかり排泄も水入れの中で行うので掃除も比較的楽だし、本当に優秀ですよ。
テグーにも見習って欲しいです。
テグーは山盛りウンコして腹や尻尾でそこら中に擦り付けるので。

サバンナモニター (1)

しかし成長は完全に止まってしまったみたいです。
大きく育てるって結構難しいものです…
カワラヤモリ

意外にも「カワラヤモリ」で検索かけて当ブログにいらっしゃる方は多いらしい。

適当に霧吹きして、適当に餌を放り込んでるけど元気そうだよ。

カワラヤモリ

飼育のネックとなるのは餌のサイズだろうけど。
人差し指との比較。本当にミニチュアのフィギュアみたいなトカゲだから。
この身体に脳を始めとする諸器官が詰まっていて生命活動をしてるって何か考えると凄いなぁーっと思う。

カワラヤモリ

個体差もあるしコロニー的な飼育してなんぼのヤモリだと思う!
IMGP7355.jpg
もうちょい飼育個体数増やしても良いかもな!
すっかり春めいてきましたね。
今日なんて夏日でしたしね。
明日から少しずつ天気は下り坂らしい。
桜は散っちゃったけど八重桜は今見頃だね。なんか春ってだけで楽しいよね。

シリケンイモリ (1)

両生類なんかは夏場のが食欲落ちたりするけど、シリケンイモリはあんまり関係ないかもね。

アカハライモリもそうだけど個体差でかなり模様が違うし好みの個体見かけるとつい欲しくなっちゃう。

シリケンイモリ (2)

飼育が簡単な上に、こんだけ個体差があるとね~
魔性の生き物だよ。イモリは。
スベヒタイヘラオヤモリ (1)
家に帰って飼育部屋に行ったらヘラオヤモリが地面にペッタリしてた。
珍しいから写真捕っちゃった。可愛い。

スベヒタイヘラオヤモリ (2)
かなり大きくなりました。
毎回、手に載せてる写真撮ってる気がするけど比較ができるからブログやってて良かったなぁと思います。
この調子で大きくなれば良いなぁ~

スベヒタイヘラオヤモリ (3)
ペッタンコな顔してるでしょ。
女前な良い顔です。
ぽよぽよぽよ 2014.04.13 テグー

 

コロンビアB&Wテグー
コロンビアブラック&ホワイトテグーのクロムさん。
餌をたらふく食べてポヨポヨ。
正に鱈腹。真鱈の腹の如く。
お腹触るとプヨプヨしてて気持ちいいんだなぁ~
本当にテグーの肌触りって良い。
モニターのザラザラとは違って鱗がキメ細やかでスベスベの金属チックなんですよね。
そしてアルゼンチンよりコロンビアのが鱗がキメ細やかでよりスベスベ。
水への依存もコロンビアのが強いかも。
個体差なのかもしれないけどねー
ミナミテグー (2)
最近、どのショップにもアルゼンチンブラック&ホワイトテグーやらコロンビアブラック&ホワイトテグーのベビーが入荷してるね。ゴールデンも少し入ってきてるの見たし。
どんな生き物でもベビーは可愛いよね。癒されますよね。
うちのジルですが今日、身体測定をしたら100cm。
遂にメーターオーバーです。やったね!写真はぽんめがとジル。
重い。これでよじ登ってくるからね。肩凝ります。

そりゃあんだけ食って寝て出してを繰り返してれば大きくもなるか。
このまま成長を続けて欲しいものです。

ミナミテグー (1)
ケージに戻したら眠そう…この直後に寝てました。
本当によく寝るトカゲなんですよ。
ウサンバラオレンジ (1)

しばらく前からウサンバラオレンジのケージを変えました。
広くなって管理がしやすくなったよ。
前は狭くてメンテナンス大変だったけど、このサイズになって管理が楽ちん。

ウサンバラオレンジ (2)
本当に美しいクモです。
飼育自体は丈夫で簡単なんだけどね~扱いにくいですよね。
動きは速いし怒りん坊だし。

ウサンバラオレンジ (4)

飼い主に向かって激おこ。
思いっきり牙を見せて威嚇中。
怖い…

ウサンバラオレンジ (3)

餌用のレッドローチにも威嚇中。さっさと食べれば良いのにね。
短気は損気。多分カルシウム足りてないんだ。
ビブロンボア (3)
ビブロンボアが明るい黄色になっていた。

この前、脱皮不全起こしてとっても大変でした。
こいつハンドリングすると結構動くんですよ。皮を剥こうとすると逃げまわってさ。
性格自体は大人しいけど。
ビブロンボア (1)
いかつい顔してるけどねぇ~
そして結構食い意地張ってる。

ビブロンボア (2)

尻尾はちゃんと模様があります。
これも日によって変わるのだ。不思議だね。
フロリダブルーガータースネークが脱皮していた。
前回の記事も脱皮の記事だった気がする。
けど綺麗な時の写真は撮りたくなるよね。

フロリダブルーガータースネーク (2)

ん?お前、鼻擦ってないか?
やっぱりケージが小さいみたい。
結構バタバタと活発なヘビなので狭いと駄目だね。
大きなケージに入れ替えてあげよう。

フロリダブルーガータースネーク (3)

体色は抜群に仕上がってるのに鼻が…
すぐ治るけどさ。

フロリダブルーガータースネーク (1)
個人的にガータースネークは顔が好みなので鼻を擦られると非常に悲しい。折角良い顔してるのに…
高さのあるガラス水槽で飼ってた時は鼻擦らなかったしフラットなケージが駄目なんだろな。
早く治っておくれ~
ヨーロッパアシナシトカゲ
餌だと思ってテンション上がってるヨーロッパアシナシの図。


ヨーロッパアシナシトカゲのメインの餌は冷凍ヒナウズラです。
他の生き物の餌の解凍ついでだから。
ちなみに餌はなんでも食べる。
肉類・昆虫・キャットフード・ドックフード・リザードフード・バナナ・肉食魚の餌・亀の餌。
どれも食べたから多分何でも良いんだと思う。

ヨーロッパアシナシトカゲ


ヨーロッパアシナシトカゲ

荒ぶりすぎ(笑)


ヨーロッパアシナシトカゲ
満足気な表情。


ヨーロッパアシナシトカゲ
餌に食い方とか見るとやっぱりトカゲなんだなぁと思う。
丸呑みには違いないんだけど、ヘビとはやっぱり違う。口開けて突っ込んでくるしね。
なんで人気でないのか不思議だよ。
モグラヘビ

モグラヘビが脱皮してた。
脱皮して綺麗になったのに、ペットシーツぐちゃぐちゃにしてブシュプシュ怒るって…
でも、そんな所が好きだよ。
でもペットシーツを水入れに突っ込むのだけは止めて。
IMGP7168.jpg

数日前に漬物状態だったマダガスカルホッグノース。
しっかり脱皮してくれました。
実は脱皮の前日に余ったアダルトマウス2匹あげたんですが…脱皮前だろうが関係なく呑んでました。
マダガスカルホッグノースの餌食いの良い所は好きだなぁ~
勿論、顔も市松模様も警戒色カラーも大好きだけどね。

IMGP7165.jpg
ホッグノーズと名前が付いていますが、そこまで鼻は反っていません。
イエヘビ科ブタハナスベヘビ属だからセイブシシバナとは結構離れてるんだよね。
シシバナはマイマイヘビ科シシバナヘビ属だから。

WC個体は何でも食べる食性のせいで寄生虫が結構いるらしく痩せやすいみたいですが、こいつはCB(持ち腹だけど)
プリップリのピッカピカ。じっくり飼い込んだ個体って我が子ながら素晴らしいね!
バートンヒレアシトカゲ
バートンに冷凍ヤモリをあげた
餌食ってる時に触っても全く動じません。
冷凍ヤモリさえ手に入れば飼育は簡単。これからの時期、夜に家の近所散歩してヤモリ採取とかもするしね。餌用に。
カナヘビとかニホントカゲも勿論食べる。
捕まえてきたら大抵はバートンの腹の中。

バートンヒレアシトカゲ
ヤモリがヤモリ食うって変な感じだけど、ヘビ食いのヘビは居るし同族食いって改めて考えると結構居るかもね。
バルバータスカメレオンモドキ

カメレオンモドキが天井に張り付いてた。
意図は不明。この状態で微動だにしませんでした。

指下板も少しはあるので多少ならガラス面も登れる。
たまにズリ落ちてるけど。
カメレオンモドキのこのコミカルな所が良いんだよなぁ~
マダガスカルジャイアントホッグノーズ

マダガスカルホッグノースが脱皮前の為、漬物状態
ずっと水の中。
ちゃんと水に浸かって、ちゃんと脱皮するので優秀だね。
この前、ビブロンボアが脱皮不全で酷い目にあったからね。
古い皮剥くの本当に大変でした…これからの時期、脱皮不全も減るけどね~
 | Home | 

プロフィール

ponnmega

Author:ponnmega
沢山のペットに囲まれて生活中。
生暖かい目で見守りください。
リンクはご自由にどうぞ。

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。