上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルゼンチンブラックアンドホワイトテグー
アルゼンチンブラックアンドホワイトテグーのジルちゃん。多分メス。多分。
現在105cm。脅威の成長スピードでしたが最近緩やかになった気がする。

アルゼンチンブラックアンドホワイトテグー
今日はちょっとリビングを自由に歩かせてみました。結構いろんな物の下に潜ろうとします。この前なんてショルダーバッグに顔だけ突っ込んで落ち着いてましたからね。下半身まるだしなのに。

アルゼンチンブラックアンドホワイトテグー
よく人に慣れてます。テグーは慣れるし良いペットリザードですね。ボリュームあるから、よりペット的なんだろな。
スポンサーサイト
セイブシシバナヘビ
シシバナ♀の餌をファジーのLに切り替えました。
ちょっぴり大きいけど、まぁ大丈夫でしょう。アグアグしてて可愛い。
ヘビの中でも断トツでチャーミングなヘビですよね。体型と顔がさ。あとモゾモゾした動き。
最近、アルビノとかアナコンダとかのモルフも手が届きやすい価格になりましたよね。シシバナ自体の相場がグッと下がったけども。
亜種のCBもなんかEXPO便で見かける機会あるし。

EXPOといえば、国内イベントですが今週末はJRSですね。自分は土曜日に顔を出そうと思っております。
もし会場であったりしたら気軽に声掛けてくださいね。
フロリダブルーガータースネーク
実は先週位まで、フロリダブルーガータースネークの皮膚が若干荒れててポビドンヨードで治療していたんですが脱皮を経て見事に完治しました。
水棲傾向の強いヘビなんかは皮膚病は避けて通れないのかね。結構コマメに掃除とかしてるつもりなんだけどな。
ガーターは糞の頻度が多いし、水っぽい糞をする傾向があるから、自分の糞で皮膚病になったりするみたいね。
あとジメジメした環境で飼われると一発アウトだとか。自分はヘビの床材ペットシーツ派なのであまり関係ないけど。
なんにせよ予防が一番大事だからね。まぁコイツWC個体だからなんか仕方ないのかなって気もするけど。

フロリダブルーガータースネーク
でも薬で治療してたからさ。塗ったり漬けたり色々いじめちゃったからか、最近妙に攻撃的なんだよね。
昨日も滅多嚙みされたし。ちょっと許して欲しい。お前の為を思ってやったんだよ。
プンプン怒ってはいるけど怒りながらも餌はしっかり食べてたので、まぁいっかなぁ。
バンデットヒッシングローチ
この時に貰ったバンデットヒッシングローチ達。
すっかり大きく成長しました。
食欲も凄いもん。似たような種類のオブロンゴナータより餌食い良いし成長も早いし。どうしてこうも差があるのだろう。
不思議でしょうがない。

バンデットヒッシングローチ
すっかりツノも発達して、この前なんてオス同士で結構激しく喧嘩してたしね。
ゴチゴチ頭突きし合ってた。これだけ大きなゴキブリが頭突きし合ってると結構音も出る。

バンデットヒッシングローチ
ボリュームもあるし良いゴキブリだね。こいつら。そろそろ繁殖できるサイズだろうから増えないかなぁ~
シャイGOKI 2014.07.26 ゴキブリ

 



ジャイアントウッドローチ(テッセラータ)
基本的に土の中に居て普段は姿を見せてくれないけど、餌を入れると匂いにつられてワラワラ出てくる。
モゴモゴと土が盛り上がり、次々と出てくる姿はRPGの敵モンスターさながら。
ずんぐりむっくりしてるので微笑ましいですけどね。

普段はシャイなゴキブリですが、結構大食漢です。今日もバナナと昆虫ゼリーをもりもり食べました。
餌に関してはより好みしないで食べてくれてる。
飼育は順調だと思います。地味に大きくなってるしね。

大きくなってるといえば、バンデットヒッシングローチがすっかり大きくなってて以前書いた記事とは比較にならないレベルに育ってるので近々記事にしたいと思います。
高床式 2014.07.25 にゃんこ

 

ペルシャネコチンチラシルバー
最近はメタルラックの上がお気に入り。
暑いからかな?風通しが良いしスチールだから気持ちいいのかもね。
ここで寝てることも多いし。

ペルシャネコチンチラシルバー
すっかり大人の顔つきです。ちょっと眠たそうな表情。
夏になってシルバー色が強くなって雰囲気も変わりました。
また冬になったら白くなるのかな?
このペルシャのくせにシャープでキリッとした顔つきに惹かれちゃったんだよね。実は。
こう見えて結構、甘えたで撫でろって擦り寄ってくるので毎日撫でくりまわしております。
カンムリヘビ
ディアデマラットスネークの卵のハッチが全て完了しました。なんだかんだ全個体が出てるくのに2日くらい掛かったかな?

カンムリヘビ

カンムリヘビ

カンムリヘビ

赤っぽい個体、白っぽい個体、模様が少し乱れてる個体、荒い個体、兄弟姉妹でもかなり違うもんです。
親の雄ほど赤くて模様の薄い個体は居ないけど。掛け戻したりするのも良いかもしれませんね。孫の代で親の特徴出たりしたら面白いのに。
とりあえず一段落です。後はファーストシェッドを待って初給餌でしっかり餌付けを行うだけですね!そんなに大変じゃないので大丈夫だと思うけど。

あ、でもまだヤモリの卵が4つあるんだった。
ディアデマラットスネーク
ディアデマラットスネーク(カンムリヘビ)の卵に遂に!

ディアデマラットスネーク
こっちの卵も。
鼻先出してる。孵化予定は7月中旬だったので、まぁ大方予想通りです。
産卵から孵化まで12週間でした。
やっぱり孵化の瞬間は嬉しいものです。ほっこりしますね。
とりあえず僕には見守るしかできないので生暖かい目で見守りたいと思いまし。

ディアデマラットスネーク
ちなみに1匹だけ先に飛び出してきたのでパシャリ。
この子は赤くなりそう。
とりあえず今晩と明日に掛けて孵化ラッシュが予想されるので頑張るぞー!
全部上手く孵化してくれると良いなぁ~
ミシシッピニオイガメ
我が家の古株、ミシシッピニオイガメ。ずっと室内飼育をしていましたが今夏から屋外飼育にチャレンジしております。
水槽よりも水量が確保できる、日光浴がしやすい環境になる、管理しやすいなどメリットがあるのでお試しも兼ねて。
2週間くらい経つのですが全く問題なさそうですね。むしろ調子良さそう。お日様パワーは偉大。
ただボウフラ発生しそうで怖いんだよなぁ…メダカ入れても食べちゃうからさ、容赦なく。
発生したら発生した時に考えよう。

ミシシッピニオイガメ
いつ家に連れて帰ってきたかもはっきり思い出せない。多分10年前だと思う。
最初はニッソーのルームメイトで飼育してたんだよなぁ…

ミシシッピニオイガメ
なんか最近入荷が減ってるって噂があるけど本当?
CBが結構多く出回ってる印象だったけど。あんまりカメの世界は明るくないので詳しいことは知らないんだけどね。
ビブロンボア (1)
人は外見で判断できませんが、ヘビも外見で判断はできません。
凶暴そう、毒ヘビっぽい、そんな見た目でもビブロンボアは人見ると寄ってくる。
人懐っこい…訳ではなく目で獲物を追っかけるタイプのヘビらしい。
餌と間違えて飛んでくるのはご愛嬌。滅多にないけどね。噛まれた事ないし。
バイパーボアなんかは見た目通りの性格してるけどさ。同じカンドイアなのにね。

ビブロンボア (2)
ビブロンボアに限らず、カンドイアの仲間は身体が湿っていると何かシックリくる感がある。
水も滴る良いヘビって所でしょうか。
ジムグリパイソン
カラバリアが水入れの縁で寝てた。流行りのフチ子さんのリスペクトでしょうか。
地中性の癖に結構器用に登って寝るもんですね。 
土飼育をしていない我が家だからこその光景なのかもしれません。
ペットシーツで飼育はしてるけど、シェルターは入れてるんだよ。

ジムグリパイソン
寝顔。起きてても寝てても変わらないってツッコミは受け付けませんよ。

オビタイガーサラマンダー
暑い日が続いてますがオビタイガーサラマンダーは元気いっぱい。
僕はちょっと風邪気味です…喉がちょっと調子悪い。
「夏風邪はバカがひく」って言葉がありますが、あれは「馬鹿は冬に引いた風邪を、夏になってから罹ったのだと気が付く」って意味だったりする。日本語って面白いですよね。

オビタイガーサラマンダー
そんな飼い主にも目もくれず凄まじい食欲のオビタイガー。目の前でモノを動かせば何でも食いつく。
人の指だろうがピンセットだろうが。肉食魚の餌なんかもあげてるけど調子良さそう。ツノガエルの餌とかも良さそうだよね。レプトミンで十分な気もするけど。
徐々に黄色が強くなってきて体色のメリハリ強くなってる。今後の成長に目が離せないね。
水苔飼育してるけどオビタイガー自身は気に入ってるみたい。飼い主の手はとっても煩うけども。ペットの為なら喜んで煩わせて頂きますぅ~
コロンビアブラックアンドホワイトテグー
コロンビアブラックアンドホワイトテグーが60㎝を越えました。
去年のJRSで連れて帰ってきたので、もうすぐ我が家に来て1年ですね。
なかなか順調に成長しているんじゃないでしょうか。
あんまり大きなコロンビアブラックアンドホワイトテグーって見かけないから今後が本当に楽しみ!

コロンビアブラックアンドホワイトテグー
コロンビアの特徴としてアルゼンチンなどのミナミテグーよりもスレンダーでシュッとした顔つきをしています。
アルゼンチンより肉食性が強いと言われていますが、普通にバナナや昆虫ゼリーも食べます。野菜はアルゼンチン程
は食わないかな・・・・食わない訳じゃないけど。
アルゼンチンより活動的なのはまだ若いからかな?

コロンビアブラックアンドホワイトテグー
しっかり人馴れした良い子に育ちました。
目指せ1m超え!大きくなれよー!
カメレオンモドキ (4)
最近カメレオンモドキの調子が右肩上がりです。餌食い良好。なんだか活動的。あんまり暑さに強くないイメージだったけど、そこまで弱くないらしい。そして紫外線も結構好む。紫外線ライトつけたり日光浴させるだけで調子が全然違う。お日様パワー様々だね。Summerだけに。

カメレオンモドキ (2)

カメレオンモドキ (1)
相変わらず体色変化はお手の物です。一瞬で体色変えます。流石はアノールトカゲ亜科。アノールも飼育したいけどね。無理な話ですが。悲しいけど。

カメレオンモドキ (3)
大人しいんだけど、なんかたまに怒りっぽい。なんか逆鱗があるんだろうね。怒りポイントはよく分かんない。
まぁ噛まないし全く怖くないんだけど。

ベトナムオオムカデを落としてしまいました…悲しい。
最近、調子悪そうだったので餌少なめにして様子見てたんですが、立ち直すことができず。そのまま衰弱して…って感じです。原因はなんなのだろうか。うーん。
餌なのか気温なのか湿度なのかは分らないですが、日頃の管理が死因だと思うんですよね。


約20cmの立派な個体でした。
メンテに毎回ヒヤヒヤさせられるけど、良いムカデなので機会があればまた飼いたいなぁ。
シマヘビ
採取してきて早2ヶ月弱。
調子は良さそう。
実は野生のカラスヘビって遭遇したことないんだよね。シマヘビも結構変異が多いじゃないですか。
縞無しタイプのパターンレスとかも結構好み。
最近、採取に行ってもアオダイショウを見かけないのでちょっと寂しいです。採取のシーズンインしてるので近々行きたいな。ただ採取に行っても日差しに打ち負ける時期でもある…むむむ。

シマヘビ
大人しいけど、やっぱりちょっと神経質な所あるかも。尻尾ビチビチ毎回してるから。
噛まないけど大人しくハンドリングされてはくれない。まぁ他の扱いにくいヘビに比べたら全然扱いやすいんだけどさ。
いい表情。
ヘラオヤモリ
スベヒタイヘラオヤモリ(ヘンケリーヘラオヤモリ)のオス個体。
バッチバチに模様が入ってる。美しい。
ヘラオヤモリの移動の仕草ってカエルみたいにピョンピョンと移動するから可愛い。
逃げる気あるのかな…って感じで愛らしい。擬態に特化してるから逃げる能力はそこまで高くないのでしょうね。
ピョンピョン移動してカーテンにしがみついて「これで安心バレてない」って明らかに落ち着いちゃう所も可愛い。

ヘラオヤモリ
こっちがメス個体。前にも書いたけど雄雌の差異が大きい。
改めて比較ってことで。
スポットが細かく入ったマーブルの模様の個体が特徴、これはスベヒタイヘラオヤモリ共通の特徴らしいですよ。雌雄判別簡単だね!
体色は黒やグレー基調の地味な個体が多い。
というか餌あげすぎかな?成長期とはいえ太り気味なような…こんなもんか。
成長は結構早いのね。餌も食の細いイメージだったけど大食漢と言っても良いかもしれない。

ヘラオヤモリ
オス。見比べると違いが本当に分かりやすいですね。
オスは地色が明るくパターンの乱れた大柄の模様です。

まぁ、このサイズまで育てばキンタマ見れば一発なんだけどさ。
たまごまご 2014.07.09 あひる

 

 コールダック
実は今日、あひるの卵が我が家にきました。
いわゆるコールダック。世界最小のアヒルちゃん。
マガモを品種改良してできたのがアヒルで、アヒルを品種改良してできた種類がコールダック。
アヒルよりも一回り小さく、大きくなってもアヒルの4分の1程度の大きさなんだとか。
実は前々から飼育検討をしていて、準備を進めていたのでついにって感じです。
このまま順調に行けば28日後に孵化するらしい。まだちゃんと有精卵かどうかも分からないので楽しみ半分ドキドキです。3個の卵をストックしております。何個ちゃんと孵化するかな…!

実は鳥類を飼育するのは人生初。色々手探り状態ですが飼育を楽しみたいと思います!
ブラッドパイソン
ブラッドパイソンの体重測定を行いました。
1.8kgにまで成長。現在1歳弱です。まだ抱くレベルじゃないね!
成長も早いけど時間の流れの早さにも驚かされる。
もう1年経ったんだ…
1年で約18倍に体重が増えた訳ですが、まだまだグングン成長するんでしょうね。メスの大型個体は20kgを超えると言われていますしね。うちの個体、雌雄判別してねーや。
ブラッドパイソンも徐々にモルフが増えてきたけど、日本の住宅事情で何匹もコレクションできるようなヘビじゃないよなー
総排泄孔手前が妙に膨らんでいるので、そろそろ爆弾投下されそうだな。
サバンナモニター
サバンナモニターがこの姿勢でずっとバスキングライトに当たってた。多分、餌を消化中。
気持ちよさそうだね。この体勢を断固として辞めようとしないからね。このケージのレフ下はかなり熱い。
たまに午前中にお日様に当ててあげるんだけど、その時の表情が一番リラックスモードだと思う。
モニターとかテグーとか大きいトカゲを屋外でバスキングさせるのって、それはそれで結構大変なんでっせ。今度、記事にしよっかな。
さぁさぁ、パパっと水だけ交換させてね~

サバンナモニター
なにしても動こうとしない、ふてぶてしさも大好きさ!
マクロットパイソン
昨日餌あげたばっかりのマクロットパイソン。ご飯後だからまったりモードかな?
現在は特大ラットを食べています。
もう少し大きいケージで飼育してあげたいんですよね。
色々考えているんですがなかなか大きいケージに移してあげられてない。
やっぱりスナッグルケージかなぁ~
ブラッドも後々大きくなった時にケージ統一したいし。スナッグルなら重ねたりできるしね。
勝手なこだわりだけどもプラケとかケージ類は統一してピシッと決めたい。

マクロットパイソン
しかし相変わらず良い顔してます。惚れ惚れするなぁ
ウサンバラオレンジバブーン
プラケに制作され続けているウサンバラの巣。
徐々にパワーアップしてる。サグラダ・ファミリア的な。まぁ、メンテの時に仕方なく壊れちゃったりするんだけどさ。

ウサンバラオレンジバブーン
ちょっとちょっかいを出したら激怒された。この状態からバシバシ攻撃してくる。

ウサンバラオレンジバブーン
この牙をマジマジと見ると絶対に噛まれたくないなぁとシミジミ思います。
ウサンバラな噛まれると相当痛いらしいですからね。毒も強烈らしいし。
扱いに慣れてきたとは言え油断はできません。こいつに関しては。
飼育に対する意識って、本来そのくらいが丁度良いんでしょうけど。
バートンヒレアシトカゲ

すっかり暑くなってきて採取の捗る時期になってきましたね。
バートンヒレアシトカゲに与えるヤモリやカナヘビの餌の確保が楽になります。餌代的な意味で。
冷凍ヤモリに餌付いているので、別に餌の入手に困っては居ないのですが価格面でね。
去年、ヤモリ値上げもしたし。
ちょっと居そうな場所があれば目を光らせております。

ヤモリの卵
そういえば、餌用にストックいしてた活ヤモリに持ち腹が2匹居たのでとりあえず産ませてみた。
孵るかな~?孵ったら餌じゃなくてペットとして飼育しようかな。
バートンもヤモリの近縁種だけど、やっぱり硬くて張り付く系の卵を2個産むのかな?
なんか想像できないや。
おねむねこ 2014.07.04 にゃんこ

 

ペルシャネコ
にゃんこが冬毛から夏毛に生え変わったみたい。
赤ちゃんの時は白が強かったけど、最近はシルバーが強く出てきた。
流石はチンチラシルバーだけあるね。
顔つきも大人っぽくなってきたし。名前呼ぶと反応するようになったし。
この写真見ると目がグリーンなのが判るね。

ペルシャネコ
眠そう。とっても眠そう。
フローリングが気持ちいいんだろうね。暑くなってきたしね。
最近、仕草とかに遠慮がなくなってきた感がある。ゴロンゴロン腹出して寝たりしてるのを見ると微笑ましいし癒されますなぁ。
モグラヘビ
モグラヘビが脱皮してた。綺麗な一本脱ぎ。
シェルターとか入れてないので水入れに巻き付く感じで脱ぐことが多いです。
毎度見てて思うけど綺麗に脱ぐよねぇ。華麗な脱ぎっぷり。見習いたい。
それと脱いだ後に水に入るって人間だけじゃなかったんだね。

モグラヘビ
ずっと眺めてたら顔出した。
黒目の大きくて括れのない顔。モグラヘビの顔は本当に独特ですな。
 | Home | 

プロフィール

ponnmega

Author:ponnmega
沢山のペットに囲まれて生活中。
生暖かい目で見守りください。
リンクはご自由にどうぞ。

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。