上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMGP9813.jpg

!?

2~3日前にブログで紹介したトビズムカデが産卵しました。気付いたら卵抱えててビックリ。
持ち腹だったのね。きみ。
ムカデは繁殖はおろか孵化させるのも初めてなので、うまく孵化まで持っていけると良いな。
でも孵化したら孵化したで大量のトビズベビーの世話が待ち構えてるのか。今年の生き物のハッチは一通り終わったと思ったんだけど意外な伏兵がいましたね。
でも初めての経験なので楽しみだな。
頑張れよママン。
スポンサーサイト
バンブルビーミリピード
バンブルビーミリピード。
こんなに派手だけど、腐葉土に埋もれてると結構見つからない。

バンブルビーミリピード
赤ちゃんヤスデ。
とっても小さいので見落としがち。なんとなく、このベビーから大人に育つ率が低い気がする。ベビーは沢山いるのにヤング・アダルトが少ない。原因は何なんだろうか。試行錯誤が続きます。
トビズムカデ
トビズムカデ。
ちょっと前にフォロワーさんに和歌山の土産で貰った個体。土産にムカデって色々と流石だと思ったし、僕のツボを押さえてるなぁと。
結構大きな個体です。
簡単に測ってみたら13cm前後って所でしょうか。

トビズムカデ
自分の手のひらが19.5㎝なので比べてみると結構大きさが分かるかと。
国産ムカデも奥が深いですよね。
自分、サソリに刺された事はあるけどムカデにはない。みんな痛いっていうけど、どの程度痛いのだろう…気になるけど噛まれたくは無いなぁ~
ウサンバラオレンジバブーン
我が家のウサンバラオレンジバブーンですが結構大きくなってきた。
前は不明瞭だった背中のスターバーストもクッキリ出てるし。
巣作りもベビーの頃に比べて力作が多くなってきてて壊すのが忍びない。
でも最近は壊さなくてもメンテナンスできるような巣の作り方するから職人の本気を見た気分。
サンビームスネーク
クロニセボアの飼育の話になると結局の所、「サンビームのが良いよ」って結論になる。
同じくタカチホヘビの飼育の話になると「サンビームのが良いよ」って結論になる。
凄いぞサンビーム!
でもクロニセボアとかタカチホヘビを飼いたい人って「クロニセボアだからこそ飼いたい!!」「タカチホだからこそ飼いたい」って人ばっかりだとは思うけど。

サンビームスネーク
なんか癖になる顔つきなんだよねぇ~
コールダック
コールダックの胡麻ちゃん。

実は先日、コールダックのオスの「塩」を肺炎で亡くしてしまいました。
夜の段階で、ちょっといつもより口を開ける回数が多いなとーと思っていたら次の朝、起きてケージを覗いたら口でパクパクと呼吸していて、餌も食べない状態に。
これはおかしいと思い急いで朝一番に鳥専門の動物病院へ連れて行ったのですが肺炎を起こしており、まずほぼ助からないだろうとの診断。
コールダックの雛は弱く飼育が難しいとは聞いていましたが卵から育てていた雛だったので、かなりショックでした。長生きさせてあげたかったなぁ…
塩が肺炎になった原因は不明ですが、メスの胡麻は元気いっぱいなので塩の分まで頑張って育てあげたいと思います。

コールダック



コールダック



コールダック

胡麻ちゃんはお尻だけ、ちょこんと黒い模様があるのがチャームポイント。
黄色い羽は全部白い羽に生え変わります。
それにしても成長が早い。
あと1ヶ月もすれば真っ白になるとか。おしり以外。
大きくなれば体力もついて丈夫で飼育も難しくないらしいので今が正念場ってことですね。
僕も頑張るので、胡麻も頑張るんだぞ!
モグラヘビ

相変わらず厳つい顔をしています。かっこいい。
昨日、脱皮してたからピッカピカ。尿酸も一緒に撒き散らしてたけど。

モグラヘビ

ハンドリングはギュンッて動くナミヘビらしい感じだけどパワーがあるからナミヘビっぽくない。けどパイソンやボアのそれとも全く別物だったり。
もうちょい大きくなってほしいんだけどね。なかなか大きく育てるってのも難しいものでして。
頑張るけども!大きく育てるよ!
スベヒタイヘラオヤモリ

スベヒタイヘラオヤモリ夫婦。奥の個体がオスで手前の個体がメス。
餌食いが落ち込むこともなく、状態良くなかなか順調に育ってるし繁殖が楽しみです。

スベヒタイヘラオヤモリ

そういえばヘラオヤモリも鳴くんですねぇ。ケージから出す時に甲高い声で「キューキュー」と鳴かれてしまいました。その後軽く噛まれたから、あれは怒ってたんだね。思わず吹き出しちゃったよ。ごめん。
コールダック

コールダック

コールダック
コールダック

コールダック

コールダック

今月の初めに孵化したコールダック達。
成長早いとは聞いていたけど、日に日に大きくなってるのが分かる。
あんなに弱々しかったのにね。生き物も人間もそうだけど、赤ちゃんの成長って凄いね。

ちなにみ2匹飼育中ですが、雄雌のペアでした。
お尻の白い子が通称:塩くん。
お尻の黒い子が雌の通称:胡麻ちゃん。
胡麻塩コンビもとい、胡麻塩ペアです。
今は黄色いけど、直ぐに白くなっちゃうみたいだから、この黄色い赤ちゃんの姿は今だけの楽しみ。
いやぁ…しかし殺人的な可愛さですば。水浴びとかさせると萌死ぬ可愛さ。
飼い主メロメロです。
マクロットパイソン
今日もとても暑かったですね。
暑さ寒さも彼岸までなんて諺があるけど、秋の彼岸まで丸々1ヶ月残ってる。エアコン代が心配な今日この頃であります。

インドネシア出身のマクロットも流石に暑いのか昨日今日と水の中。
水浴び気持ち良さそう。
自分もマクロットを見習って水風呂でクールダウンして寝苦しい熱帯夜を乗り切ろうかな。
水風呂で冷えた身体にホットコーヒーとか贅沢だしやってみたい。
コーヒーといえばインドネシアはコーヒーの産地だね。ウルトラマンデリンとかバリ神山なんか好きだな。現地では飲まれてないって聞いたけど、現地ではどんなコーヒー飲んでるのだろう。気になる。
不細工炸裂 2014.08.20 にゃんこ

 

チンチラシルバー
うちの猫、寝相が悪い。寝顔も酷い。完全に仰向けのポーズで白目向きながらヒクヒクしてるのを見た時は痙攣起こして死にかけてるんじゃないかと勘違いなんかもしたっけ。もう慣れた。

チンチラシルバー
寝顔晒してごめん。ご機嫌斜め?眠いだけ?
こう見えて人懐っこいし、結構甘えたの構ってさんだったりするんです。
バルバータスカメレオンモドキ
小さい時、怪獣が好きでした。正確には今も好きです。
ウルトラマンも幼稚園生の時にシリーズ全部ビデオで見たし、ガメラとかゴジラもビデオを見まくってました。かなり詳しい自信もあります。
今公開してるハリウッド版のゴジラも見てきましたが、ムートーのデザインは正直イマイチですね。やっぱり敵の怪獣も魅力的じゃないと。

このカメレオンモドキは怪獣っぽい見た目が好き。何に似てると言われると例えが難しいけど、怪獣チックじゃない?
こいつ最近、餌食いが良いから成長期なのかもしれないな。
モグラヘビ
餌をあげようと思ったらモグラヘビが白濁中。
マウス解凍する前に気がついて良かったよ。
そして、なんかこいつ以前より飛んでくる事が多くなった。前は暴れるけど普通に触れたのに。
逆に尿酸撒き散らす事は少なくなったけど。
こいつ意外に神経質みたいで。なかなか一筋縄ではいかないようです。
まだ噛まれたこと無いけど、筋肉隆々のガチムチヘビだから今後も噛まれたくないなぁ~
カワラヤモリ
ちょこちょこ追加したりしてるし、結構な匹数飼育してるけど卵を産む気配がありません。
持ち腹ぽいなって個体はいるんだけどね。なんか増やすコツとかあるのだろうか。
もっと盛れ!盛れ!!
でもこればっかりは長い目で見るしか無いのかな~

ニホンヤモリ
最近、カワラヤモリの飼育ケージに、ニホンヤモリのベビーを4匹程放り込んだ。
食べる餌のサイズが同じだから一緒にしてみた。このニホンヤモリ達も家で生まれた子達です。
このケージだけ、ミニチュアヤモリが沢山居るからなんとなくメルヘンチック。レッドローチの初令を半端じゃなく消費するケージでもあるんだけどね。
ウエスタンリボンスネーク
ウエスタンリボンスネークって顔はかなり精悍だし体色も綺麗なグリーンで素敵なヘビです。
あんまりブログで紹介しない理由は水から出てこない、小さくて細いからピントが合わせにくい、動きが素早いとか理由は色々あるのです。
ミズへビか!!って位水の中で過ごしてるから、水場多めで飼育した方がいいんじゃないかとか思ったりもするんだけど、やるとやるで皮膚病発症したりするのがこの手のヘビ。
飼育に支障はないのでこのままで。

ウエスタンリボンスネーク
マウスを普通に食べるけど、なかなか大きくなってくれないね。
のんびり大きくなってくれれば良いけどさ。
ブラッドパイソン
うん、ふとましい。
うちのパイソン達もそろそろ大きめのしっかりとしたケージで統一して飼育したいなぁと思ってる。
といっても、大きくなるパイソンはうちにはそんなに沢山居ないんだけどね。ナミヘビばっかりで。
こんな事言うと色々な人に怒られるかもしれないけど、ヴィジョンって見た目あんなにチープなのに何であんなに高いんだろうか。使い勝手は良いのは重々承知してるんだけどね。
でもケージの自作は疲れるからできれば避けたいなぁと思ってる。
まぁ何にするかは、まだ時間があるのでゆっくり考えるとします。

ブラッドパイソン
折角だから大きい綺麗なケージで飼育してあげたいもんね~

オパカローチ
オパカローチ。
オカパって何語か調べたらイタリア・スペインの言葉で不透明って意味らしい。
余計に意味が分からない。

オパカローチ

ちなみにオパカローチは、壁を登る・動きが早い・よく増えるとゴキブリとしての能力はなかなかのもの。
見た目も見た目だしね。ゴキブリ!って感じ。
飛ばない点は扱いやすいんだけどね。
写真だと伝わらないかもですが、結構サイズも大きいゴキブリなので一般ピープルの方々へのインパクトは結構強めらしい。オカパやるなぁ~
オビタイガーサラマンダー
オビタイガーサラマンダーの色が徐々に揚がってる。
オリーブグリーンの体色だったけど黄色が強くなってきてるし、それに比例して黒と黄色のコントラストが強まってる。
室温28度なんだけど、まぁ大丈夫そう。屈強な両生類大好き!
水苔飼育で調子も良さそうなんだけどメンテが面倒くさいから、そろそろウールマットとかヘゴ板とかに切り替えたい。でも水苔に潜って気持ちよさそうな顔見ると、まぁいっかなぁと。オビタイガー自身の調子も良いし。
コロンビアブラックアンドホワイトテグー
コロンビアブラックアンドホワイトテグー。いわゆるキタテグー。アマゾニアンゴールデンじゃない方。
去年のJRSで連れて帰ってきたから丁度1年かな。

コロンビアブラックアンドホワイトテグー
踏みつけ攻撃。
大人しい個体が入荷されると”例外的に大人しい”とか書かれてしまうけど、他の個体ってそんなに触れないくらい荒いのかな?
アマゾニアンゴールデンは本当に手がつけられないほどにクッソ荒いって聞くけどさ。

コロンビアブラックアンドホワイトテグー
もうハンドというかアーム全体で保持しないと安定しないサイズに育ちました。

テグー
来た時はこんなサイズだったんですけどね。手の平にすっぽり。

コロンビアブラックアンドホワイトテグー
相変わらず凛々しい顔つきで。
最近CB個体がちょこちょこ入荷してるみたいなんだけど、キタテグー増やしてる人も居るんだね。
キタに関しては本当にCBなのか勘ぐってしまいます。コロンビアCBってのが余計になんか。
ミナミテグーはアメリカなんかで増やされてるけどさ。
テグー類は原産地からの輸出許可も降りないしアメリカのファームもサイテスが降りないせいで国内の流通が少なめです。
今後、どうなるのかなぁ。
国内で増やすっ!て言ってるテグーマニアが友達に居るので、その人に頑張ってもらうしか無いかね。
マクロットパイソン
マクロットパイソン。
与えている餌のサイズをよく聞かれるけど、ラットの350g~400gサイズを与えています。
たまに同じくらいのモルモットなんかも与えてる。
ちなみに体重を測ってみたら4kgありました。特大マクロットって言えるサイズだね、もう。

マクロットパイソン
マクロットの鱗ってきめ細やかで触り心地も抜群。
この虹色の光沢も良いよね。ニジボアやサンビームのそれと比べると派手さはないけど、そこがまた良いというか。
とにかく、本当に良いパイソンです。こいつ。
雌なので最近、お婿さん探ししてるのですが良い個体に巡り合えないです。まぁ気長にね。
コールダック
先日、卵から孵ったコールダック。すっかり羽も乾きフワッフワになりました。
とんでもなくかわいい。ピヨピヨ言いながらヨチヨチと人に付いてきます
餌もアヒル用の人工飼料をしっかり食べてて量も思ったより食べるんですよね。で、思ったより糞もする。
鳥の飼育ってやっぱり結構大変だなと思ったけど、可愛いから全く苦じゃない。
このまま順調に白い大人アヒルに育つといいな。
JRSにも大人一歩手前のコールダックが販売されてましたが、あれも可愛かったなぁ~

コールダック
しっかり手に乗るよ。手の平が温かいのか落ち着いちゃうし。
1週間で体重も2倍位に増えるらしいので今の内に沢山写真撮っとかないとね!
モリアオガエル

モリアオガエル。タイトルはフォレスブルーですが、モリアオガエルの英名は「Forest Green Tree Frog」。
モリ"アオ"ガエルじゃないですよね。
こいつは先日の採取で捕獲してきました。
あんまりカエルって力を注いだことなんですが、可愛いですね。

モリアオガエル

モリアオガエルって一般的なイメージのカエルそのものだと思う。

モリアオガエル

餌入れたらしっかり捕食していたので一安心。
アクリルケージとかでオシャレに飼育とかしたいな。
今はプラケにキッチンペーパーで飼育中。

モリアオガエル
お腹。かわいい。
カエルのお腹って可愛いよねぇ。
ベルツノとかバジェットとかヒキガエルの飼育経験はあるんだけど、ツリーフロッグ系ってあんまり飼育したことないので、なんか新鮮だなぁ~
一昨日の採取から帰ってきたらコールダックの卵に亀裂が入っていました。
昨日は様子を見つつ、穴を広げてあげたりしつつ様子見。
本日、手伝いをしながら無事に孵化までこじつけることができました。
ちょっと感動。
コールダック
3個の卵の内、無事に孵化をしたのは2つ。1つの卵はうまく亀裂を入れることができなかったようで、多分窒息させてしまった。もっと早く空気穴を開けてあげれば良かったのですが、時すでに遅し。うーん、シビアだ。
とりあえず2個は孵化したので、死に籠りの1羽の分も全力で育てたいと思います。
爬虫類の孵化は何度も経験してるけど、鳥は初めてなのでドキドキでした。鳥自体を飼うのが初めてだしさ。

コールダック

コールダック

コールダック
孵化した卵の内側は血管がびっしり。

コールダック
こいつ、とんでもなく可愛いな。卵から世話してるので愛着も一入です。
孵化は無事に済んだので、今度はベビーの飼育!がんばるぞー!
滝

川

トンネル

本日は昨日の予告通り採取に行ってきました。
疲れたけど楽しかったなぁ~
生き物がっつり探したんですが、今回は爬虫類はあまり見つけられませんでした。ニホントカゲくらい。バートンの餌。
カエルとか虫とか魚はたくさん見つけたけどね。

カジカガエル
カジカガエル。

青いサワガニ
青いサワガニ。

写真は採取に夢中であんまり撮れませんでした。しょうがないよね。
何種か捕まえた生き物を連れて帰ってきたので、そのうちアップすると思います。
早速ですがJRSで連れて帰ってきた生体の1匹を。

カメレオンモドキ

バルバータスカメレオンモドキのベビー。
またカメレオンモドキです。去年のJRSでも買ったけど、今年も購入しました。
購入したブースとは違うブースで良いサイズがペア売りもされてて、悩んだんですがベビーを連れて帰ってきました。
カメレオンモドキ最高ですよ。

カメレオンモドキ

本当に小さいベビーで10㎝以下。これだけ小さいとちょっと怖いなぁ~ちゃんと餌食ってくれるかな~
とりあえず給水はしっかりさせたので様子見つつ餌を食わせたいと思います。
これはもう次はポルカスかな…

あ、本日2日目に参加された方、お疲れ様でした~
月末のブラックアウトは多分、参加を見送りますが明日はちょっくら県外に採取にいってきます。何が捕れるかなぁ~
ジャパンレプタイルズショー
本日はジャパンレプタイルズショー2014に参加してきました。
毎年恒例の日本最大の爬虫類即売会です。
自分は11時位に会場入りをして、16時位まで会場に居ました。渋滞に巻き込まれ到着が一時間遅くなったりしましたが、無事に入場。

今回はアルゼンチンブラックアンドホワイトテグーのジルを抱きかかえたり、肩に乗っけて会場内を周ったり2階の休憩所で休んだりなんかしておりました。
写真撮っていいですか?とか触っていいですか?とか結構聞かれるもんですね。

入場後、会場内はザッと見て回り一通り欲しい生体に目星をつけてから購入するか検討なんかをしてました。
まずレッドテグーを探していたので色々見ていたのですが、あまり良い個体に巡りあえず。
激安価格のムスラナに絶句し、目が飛び出るくらい異常に価格の安いマクロットに安い理由を教えてもらい性別の判断をしてもらったり。
ナンダのCBにちょっと心動かされたり(後に六月さんが雌の個体を購入していたが)。
オオアオムチ飼育の再チャレンジをちょっと検討してみたり。
バロンコダマヘビの鼻先が無い個体を見て「鼻先の取れたバロンコダマヘビに残る魅力」をTwitterのフォロワーと話したり。
マダガスカル産のブタバナヘビなんかも三種揃ってて、いい機会なんじゃないかと目算してみたり。
パターンレスとグラニットのトッケイの購入を真面目に検討してみたりと結構盛りだくさんでした。
結構変わったヘビも多く居て胸がキュンキュンしちゃいました。
ボールのパイなんかも投げ売り状態で売られててボールパイソンブームの陰りを感じたりもしましたね。

結果的には爬虫類5匹と、某ヤジマ氏に帰り際に渡されたゴキブリ2種が増える結果となりました。
連れて帰ってきた個体については後々のんびりブログでも紹介していきたいと思います。

会場の風景を何点か。

ジャパンレプタイルズショー
おなじみ会場風景。今回はやけに会場内が曇ってた。多分、串焼きのせい。

ジャパンレプタイルズショー
ボアコンなんかの特定動物も。

ジャパンレプタイルズショー
怪獣みたいな鳥(サイチョウ)。
後ろのフクロウの表情も含めてお気に入り。

ジャパンレプタイルズショー
毎度おなじみのシャムワニの串焼き。

ジャパンレプタイルズショー
こちらも毎度おなじみ虫料理。


ジャパンレプタイルズショー
JRS限定。ピンクのレプティケース。なんで限定でも販売にGOをしたのか疑問。開発者の顔を見てみたい。
フタがクリアなレプティケースあったら10個単位でまとめ買いするんだけどなー。

ジャパンレプタイルズショー
きり君(笑)


ジャパンレプタイルズショー
帰り道。足軽SAからの富士山。足軽SAで食べたケバブと唐揚げは美味しくなかった。

やっぱりイベントは楽しいですね。凄く充実した1日になりました!
本日、お会いした方は勿論、お会いできなかった方もお疲れ様でした。
明日行く方は楽しんできてくださいね♪
 | Home | 

プロフィール

ponnmega

Author:ponnmega
沢山のペットに囲まれて生活中。
生暖かい目で見守りください。
リンクはご自由にどうぞ。

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。