上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カメレオンモドキ

カメレオンモドキ

カメレオンモドキ

カメレオンモドキ

カメレオンモドキ

カメレオンモドキはあざとかわいい。
まぁちょっと餌見て荒ぶりすぎな気もするけど。
こいつ何匹居てもいいなぁ。将来的には大きめのレイアウトケージで複数飼育を企んでます。
ガラスケージで見た目も多少拘ってさ。絶対に楽しい。
実現は、いつになることやら…
スポンサーサイト

脱皮前で体色のメリハリがない麒麟さん。一週間もすれば綺麗に脱いで素の体色をみせてくれるでしょう。

昨日、ゲージの掃除をしたんだけど何か臭いんだよね。はっきり言うと尿酸チックなスメル。
ケージとか床材が臭いんじゃなくて、もう麒麟さんそのものが臭いんじゃねーかと疑わざる得ない。
とりあえず湯船にぬるま湯張るから、そこで身体を綺麗にしてもらおうか。
ビブロンボア
脱皮してサラサラスベスベモチモチ感がアップしております。
ビブロンは触り心地がなかなか良いんですよ。
しかも大人しく触らせてくれるからね。

ビブロンボア
樹上性なので得意技はメタルラックに絡みつくこと。
樹上性のボア・パイソンって尻尾の先を本当に器用に使うじゃないですか。あれ、萌えポイントだと思うんですよ。
キュンってしちゃう。
果たして共感してくれる人は居るのだろうか。
モンペリエスネーク

モンペリエは最高にカッコいイイなぁ惚れ惚れしちゃう。
ちなみに脱皮前だからよく見ると目が少し濁ってるよ。
乾燥している場所に住んでいるからか脱皮不全は殆どありません。

モンペリエスネーク
まだまだ大きくなる。成長はそんなに早くはない。遅いわけでもないけど。餌食いは安定して結構良いんだけどね。
触り心地もさいっこう(恍惚
スベヒタイヘラオヤモリ
こいつらの触感はシットリしてて柔らかい。昔、クレステッドゲッコーを初めて触った時に「生八ツ橋だ…」と思ったけど、こいつらはもっと柔らかい感じがする気がする。モチモチ感は少ないけど。
顎の下のヒダとかも柔らかいんだよね。
触り心地は絹のパンツって感じかなぁ…
見た目は完全に木の皮なんですけどね。
黄色から白に 2014.09.23 あひる

 

コールダック

コールダック

コールダック

コールダックが大きくなってる。
口元とか身体の一部分は白くなってきてるし。この子はお尻の黒ポッチ意外は真っ白になる予定。
ちなみに野菜類が好物。野菜を与えるともう目の色を変えて食べる野菜の他はペレットにチャボ餌とかペレダックとかズーフードとか与えています。魚粉系の餌を与えるとケージ全体が生臭くなる。
コールダックとは言え、かなり餌食うし水汚すし糞もする。まぁその辺はあんまり気にならないんだけど。
大人になったら、どのくらいの声で鳴くのだろう…僕の安眠が掛かってる問題ですからね。気になる所です。
オオアオムチヘビ
捕食者と被食者の2匹と目があった瞬間。
餌食いに関しては良好。餌を入れると直ぐに反応を示してハンティングします。
前に飼育していた個体よりも餌に対する反応は良いかも。

オオアオムチヘビ

オオアオムチヘビ
しっかりアグアグして食べてます。
購入から1ヶ月。とりあえず飼育は順調であります。
以前の投稿見なおしたんだけど、ちょっと体色変わってるね。体色変化も楽しみだな。
食後といえば 2014.09.21 テグー

 

レッドテグー
テグーたちにエサやり。テグーは3匹居るので2匹はケージから出してそれぞれ別の場所で餌を与えています。
同じ場所であげると結構取り合いするので予防策です。

ブラックアンドホワイトテグー
リザードフードは食いにくいのか結構食い散らかす。でも結構器用に小さな餌も食べるんだよね。

レッドテグー
勿論、食後は寝る。食後は食って寝て出す。欲求に素直なトカゲです。
マクロットパイソン
餌と間違えらない限りは噛もうとしたりはしないけど、その姿勢はやっぱり怖い。
多分、見てる感じ怒ってるわけでも警戒してる訳でも無いとは思うけど。

マクロットパイソン
マクロットって横顔は格好良いのに正面顔ってなんだか間抜け。
これがギャップ萌えか…
トビズムカデ
抱卵をしていたトビスムカデですが、本日ケージを覗いたところ綺麗さっぱり無くなっていました。
あまり刺激を与えないように部屋の隅で放置していたのですがダメでした。
食卵させない為には押入れとかに突っ込んだ方が良いのかも。
もうすぐ孵化するはずだったんですけどね。なかなかうまくいかないものです。

とにかく残念な結果にはなってしまいましたが良い経験にはなりました。
次、機会があれば今回の教訓を…とか思ったけど、滅多に機会があるもんでもないよなー。


太ましい。頭の大きさが他のナミヘビと比べ物にならない。
このムチムチ感たまりせん。
最近、力が強くなってきたのでハンドリングしながらの写真に苦労する。床に置いても、ジッとしてる種類じゃないしねぇ。噛もうとはしないから程よいアグレッシブさ。
ライノラットスネーク

本日、15時頃。
ライノラットスネークのペットシーツを交換。

同日15時30分過ぎ。
交換したはずのペットシーツにライノラットスネークの糞を発見。溜息をつきながらペットシーツ交換。狙い澄ましたかのようなタイミング。

同日19時40分。
ペットシーツにライノラットスネークの糞を再度発見。飼い主、奇声を出しながら頭を掻き毟りたい衝動に駆られるも抑えつつペットシーツを交換。

とんだ凶悪犯だよ、お前は。

今、一回の給餌でホッパー2匹飲んでるから排泄量も多くはなるだろうが、できればまとめて出して欲しいなぁ、いや無理なお願いなんだけどね。
食えば出る。しょうがない。しょうがないったらしょうがない。
オニプレートトカゲ
オニプレートトカゲ。
こいつ普段はあまりハンドリングをしないんだけど、たまにメンテの時とか気が向いた時にハンドリングする。最近ハンドリングした時にある事に気がついた。

オニプレートトカゲ
そけい孔にワックス状の突出物もといヒダが…
お前オスだったのか。
というか、オニプレってヒダできるんだ!!
イグアナとかは出ることで有名ですが、まさかオニプレにもあるなんて。
マジマジと見ると何かキモいなんて思ってないよ。
モグラヘビ

モグラヘビ

実はちょっと拒食モードだったモグラヘビ。
昨日の給餌で無事に脱拒食しました。
なんで涼しくなってきたら食うんだよ。お前アフリカ出身だろ!

他の人の話やらブログ記事なんか見てもモグラヘビって結構食いムラとか拒食多いみたい。
ボールとかシシバナの拒食と同じで拒食時期が定期的にある種なのかもしれません。自分の中ではヘビは拒食しても痩せなきゃ大丈夫って信条があるので、あんまり心配してなかったけど。
トカゲもヘビも拒食で殺しちゃったことは今までないしね。

何はともあれ無事に餌食って良かった良かった!
そういえば、またCH個体が出回るかもって小耳に挟んだよ。狙ってる人は要チェック!
テグー 

テグー

テグー

テグーが3匹集まると収拾がつかない。
一番動きが機敏かつ立体的でアクティブなのはキタテグー。
スピードタイプ。

逆にレッドとアルゼンチンブラックアンドホワイトはパワータイプだろうな。

流石に3匹も居るとケージ大きくしないとダメかもしれない。また図画工作しないと!
パイソン系のケージも新調したいけど自作にするか悩むよなぁ~


見分けつく? 2014.09.10 サソリ

 

ダイオウサソリ・チャグロサソリ
右がダイオウサソリ。
左がチャグロサソリ。

近縁種だけあってそっくりですな。こうやって見比べると違いが分かるけど単独で出されてもパッと判断できないよね。
よく見ると細部が違うんだけどさ。
どっちもゴツゴツしてて格好良いよ。でもチャグロのが光沢あるかも。
オオアオムチヘビ
オオアオムチヘビのケージにニホンヤモリのベビーを放り込んでみたところ一瞬で捕らえた。
偶然このサイズのヤモリを奇跡的に何匹かストックしていたので、当分は餌には困らなそう。このサイズのヤモリが尽きたら正真正銘アダルトヤモリの尻尾アシストしかないなぁ。

オオアオムチヘビ
こう見えて結構大きな餌も飲むんだよね。こんなヒョロヒョロだけど。
けど、ヘビって痩せの大食い的な種類多いよね。コイツがそうだとは言いませんが。
赤い彗星 2014.09.03 テグー

 

レッドテグー

レッドテグー

レッドテグー

レッドテグー

なんと遂に、ずっとずーっと探してたレッドテグーが我が家に降臨。
コロンビアB&WとアルゼンチンB&Wに続き3匹目のテグーになります。
それなりに育ったヤングサイズ。この顎のプニプニ感的にオス個体。
良い感じのオス個体を探してた自分としてはショップに向かう足取りが軽やかすぎてスキップしてたもんね。
前足ちょっと爪飛びがあるけど、あんまり気にならないので無問題。むしろ抱いた時に痛くなくて…ゴニョゴニョ
大人しい個体だし雄だし、大きくなって欲しい所です。
やっぱりテグーは可愛いなぁ~
モンペリエヘビ
モンペリエスネーク。
よくヨーロッパ最大のヘビって言われるけど、ヨーロッパ最大のヘビって何種か居てその中の一種だったりします。
よく言われるのはモンペリエ・タイリクシマヘビ・クスシヘビ。
この三種だとクスシヘビはサイズで言えば若干見劣りする気がする。
三種とも格好いいヘビだよね。大型ナミヘビってやっぱり素敵!
他2種は飼う予定ないけども…
オオアオムチヘビ
2代目オオアオムチヘビ。
前にブログで紹介した個体ですが、餌は食っていたのですが突然死。というか餌食った数時間後に絶命するという壮絶な最後を遂げた。
もう二度とオオアオムチは飼わないと固く誓ったのですが、やっぱり諦めきれずに先日連れて帰ってきてしまいました。

とりあえず前回の失敗と思われる点と、オオアオムチヘビを長期維持・飼育してる人の話を踏まえてリベンジをしたいと思います。

この個体こそは大きく育て上げてみせる。

ちなみにこの個体。小さすぎて餌ヤモリ食えない。ショップでもヤモリの尻尾アシストで飼育していた個体なので、我が家でもしばらくはヤモリの尻尾アシストで育てたいと思います。
 | Home | 

プロフィール

ponnmega

Author:ponnmega
沢山のペットに囲まれて生活中。
生暖かい目で見守りください。
リンクはご自由にどうぞ。

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。