上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
120℃の水 2015.01.31 モグラヘビ

 

モグラヘビ


相変わらずかっこいいぜ!ペットシーツグシャグシャにするなよな!
飼育は難しくないけど、捻くれてたり癖のある個体が多いみたい。
まぁ、わざわざモグラヘビ飼う人はそんなこと気にならないのだろうけど。
格好よければ何でも許される。いわゆる「※ただしイケメンに限る」です。
性格に何があってもイケメンなら許される。暴力的ですぐアタックしてきてもイケメンなら許される。
ただイケメンでもカエル食い・ミミズ食い・昆虫食いは手を出すの勇気いるけどねぇ…
スポンサーサイト
サバンナモニター

爪が伸びていたので爪切りしました。サバンナモニター。
今日はケージ全面のアクリル板を破壊して脱走を試みようとしていましたが確保されました。
ケージから脱走しても飼育部屋は密室なので逃げられないんだけどね。

サバンナモニター

相変わらず、とっても大人しい良い子です。よく人馴れしてます。
大トカゲ系はサバンナモニターとテグー達がいますが、もう流石にお腹いっぱいかなぁ。モニターを沢山飼育してる人って凄いよなぁ。つくづく思います。

明後日は冬レプですか。自分は行きませんが行かれる方は楽しんできてください。
雪が降るかもとのことなので事故だけは気をつけて!
コールダック

コールダックの胡麻ちゃん。
我が家では室内のケージで胡麻ちゃんを飼育しているのですが、どうしても狭い空間だと身体が汚れがち。
食い散らかした餌だとか排泄物だとか。フンの量は多めだし。
特に羽が黄色がかった白だから余計に汚れが目立つ。
なので胡麻ちゃんには定期的にお風呂に入ってもらっています。水浴びです。水鳥だしね。

コールダック

30分もお風呂で水浴びすればご覧の通り。
自分で羽をグルーミングするので勝手に綺麗になります。
さっぱり!綺麗が一番!人も動物も清潔感って好感度下げないために大事だね!
ちなみに風呂あがりもお尻から出るワックスで丁寧にしっかりグルーミングします。身だしなみ整える姿は見ていて癒されます。
綺麗好きなんだね、胡麻ちゃん。
バルバータスカメレオンモドキ

いわゆるフトヒゲカメレオンモドキ(バルバータス)
自分はポルカスよりバルバータス派ですが、ポルカスもそのうち育ててみたいなぁとは思ってる。
最近、ちょっと年齢のわりに小さい疑惑が浮上したのでちょっとパワーフーディング気味。
ゴキブリをメインにクレスフードとか与えています。

バルバータスカメレオンモドキ

クレスフードは他の種にも流用できるから便利だよね。
爬虫類・両生類の飼育では人工飼料だと鯉の餌やナマズなどの肉食魚の餌。
ドッグフード・キャットフード・モンキーフード・鳥の餌なんかが流用されること多い。
自分も使う機会が多いです。
使用に否定的な飼育者の方も多いですが、単食さえしなければかなり使い勝手もいいし栄養価も高いので上手く活用できれば良いんじゃないかと思っています。
保存も効くし便利だからね。
しっかり下調べして、日頃から生体の体型とか観察をして様子を見て判断できれば最高だと思う。
オビタイガーサラマンダー
手乗りサラマンダー。冷え性だからできる所業。
両生類は素手で触ると火傷するって言うけど、どうなんだろうねぇ。実際に炎症起こしたことないから、ちょっぴり懐疑的なんだよね。
どんどん大きくなれよー!冬はサラマンダーの季節だ!
でも両生類って食べさせすぎると良くないって言うしなぁ。
今までカエルとかも殺してしまっているので両生類には少し苦手意識があるんだよね。
このオビタイガーは立派に育て上げてみたいと思うよ。

オビタイガーサラマンダー
手の上で目つぶっちゃうんですか。うーん、キュート。
ジャイアントウッドローチ
ジャイアントウッドローチが羽化してた。
やっぱり羽化したての白いゴキブリはなんか目を惹いちゃうね。
ベビーから育ててたゴキブリが成虫になると嬉しいもんです。

ジャイアントウッドローチ
”ジャイアント”の名の通り、かなり大きいゴキブリです。小さなカブトムシ位。ボリューム感あるけど、重さはそんなにないかな。羽が大きいんだよね。
自分の手が大きいから大きさが伝わりにくいなぁ。
大きいくせになかなか素早い。壁は登れないけどね。
かなり格好良いゴキブリです。
大型ゴキブリは大きめのケージで飼ってあげたほうが良い結果が残ることが多い気がする。


そういえば、今日は久しぶりに中野の某爬虫類ショップに行ってきました。
コールダックが居てビックリ。コールダックブームがすぐそこに…(こない
カンムリヘビ
カンムリヘビことディアデマラットスネーク。
オス個体です。こう改めて見るとやっぱり格好良いなぁ。
性格・見た目の地味さと言った点からメジャーになることはないと思うけど飼ってみると隠れた魅力が光る、いぶし銀的なヘビです。
ミケヘビが居る限りメジャーにはなれないだろうなぁ…
心から素敵なヘビだって言えるんだけどね。
まず見た目からして格好いいじゃんね。今年は繁殖どうするかなぁ~
オニプレートトカゲ
ニシオニプレートトカゲくん。
餌は何を与えているの?って聞かれる事がたまにありますが何でも食べる良いトカゲ。
ピンクマウスやヒナウズラ。コオロギやゴキブリ。野菜類、果物、ゼリー。リザードフードやササミ・レバー。
本当になんでも食べるよ。いつも適当に他の種の餌を流用してます。
手からしっかり受け取って食べるからね。

オニプレートトカゲ
以前「オニプレートトカゲなんて貧乏人の飼うトカゲ」と言われたことがあります。
心の貧しい人なんでしょうね。
こんなに可愛いのに。
マクロットパイソン
脱皮前のマクロットパイソン。
脱皮前でも美しい。ムチムチ具合もこの写真なら伝わるかな。
どのマクロットパイソンより、うちのマクロットパイソンがカッコイイと思う。単なる親馬鹿だけども。
魅力を言い出したらキリがないんだけどね。
そういえば、今月の電気代がエグい事になっててビックリしました。
この寒さは飼育者の身体だけではなく懐まで冷やし込んできますね…怖や怖や。
スベヒタイヘラオヤモリ
スベヒタイヘラオヤモリのペア。
右がオスで左がメス。
どうも大きさが伝わりにくいけど、結構大きいんだよ。
オスは掴むと荒ぶるんだな。噛もうとしてくる。
噛もうとするけど蛙飛びで逃げようとする姿はなかなかおもしろい。
まだまだ伸びしろがあると思うので、しっかり育てあげちゃいたいと思います。

市松模様が素敵。
市松模様といえばチェッカーガーターなんかも居ますけどね。
この色合いが良いよね。黄と黒の警戒色がさ。
まさに「悪食」って感じのヘビだから飼ってて楽しいよ。食えそう匂いがすればなとりあえず食らいついてみる的な。
ナミヘビにしては、かなり太さの出る種だから衣装ケースで生涯飼育は狭いかな?フルアダルトって写真でしか見たことないんだよね。
スナッグル導入計画を立案しないとなぁ。
企画書から作りますか。
じゅげむ
あけましておめでとうございます。
昨年は250件程、ここに記事を投稿しました。そんなに投稿したかぁ…とシミジミ感じます。
塵も積もれば山となるのですね。
今年は少し更新頻度が減りそうですが、引き続きコンスタントに投稿する方針でいます。
生暖かい目で見守って頂ければと思います。今年もよろしくお願いします。

じゅげむ
「フローリングに生息する特殊な毛虫。」

年末年始は猫と一緒に寝正月…という訳にはいかず仕事したり親戚の家に行ったり忘年会やら何やらで結構バタバタしておりました。
一日中、家で猫とゴロゴロしてた日って無い気がする。
暇をもてあそぶよりは有意義なのかもしれませんが、出かけるの好きですが、それ以上に家が大好きな自分としては引きこもり成分が足りてない感があります。

じゅげむ
この長い毛足をモフモフするのが最高の癒やしなのです。
顔をスリスリしたりすると口に毛が入って大変だけどね。
うちのじゅげむは本当に可愛いなぁ(親馬鹿)
 | Home | 

プロフィール

ponnmega

Author:ponnmega
沢山のペットに囲まれて生活中。
生暖かい目で見守りください。
リンクはご自由にどうぞ。

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。